コンタクトレンズ 意外な落とし穴ソフト新素材、化粧品で変形

新年度がスタートし、気分一新でメガネからコンタクトレンズに変えようと考える人も多いだろう。いろいろな素材や機能が次々と登場するなか、自分の目にあったレンズを選ばずに間違った使い方をすると、深刻な目の病気を引き起こしかねない。

コンタクトレンズには大きく分けてソフトとハードの2種類がある。ハードタイプがごろつき感があるのに対し、ソフトタイプは初心者でもフィット感がよいのが特徴で各メーカーとも開発を競っている。年々シェアを伸ばし、およそ9割がソフトタイプだ。

ソフトタイプで話題の素材がシリコンハイドロゲル。従来のハイドロゲルより酸素透過性に優れ、目に優しいと急速に広がっている。

ゴロゴロする症状

コンタクトレンズの使い方を誤り角膜細胞がダメージを受けた目(白濁部分)

しかし、近畿大学でコンタクトレンズ外来も担当する月山純子・山本病院(和歌山県橋本市)眼科医長のもとには、この新素材に切り替えて「ゴロゴロする」と訴える若い女性患者が相次ぐ。

月山氏がコンタクトメーカーのチバビジョンと共同で調べてみると、アイライナーなどの化粧品やクレンジング剤の影響で「レンズが変形することがわかった」という。酸素透過性を高めるために使ったシリコンが疎水性で、従来素材よりも油脂成分やたんぱく質の汚れがつきやすいのが原因だった。「コーティング方法を研究し、油脂成分を吸い込まないよう工夫している」(チバビジョン)が、レンズをつけたままの化粧落としは、変形の原因になり、装用感の悪さや破損にもつながるので避けてほしいという。

道玄坂糸井眼科医院(東京・渋谷)の糸井素純院長は「どんなに素材がよくなっても、連続装用をするとトラブルは増える。まして正しく使わなければ目に障害が起きる」と警告する。同医院に駆け込んだ49歳の男性は、1日で使い捨てにしなければならないソフトタイプをケア用品で洗うなどしてずっと使い続けていたため、角膜に細菌性の白い斑点ができた。目の酸素不足を起こし水分調整を担う角膜内皮細胞が変形したり死滅したりする例や、緑膿菌に感染し2日で失明寸前に陥る例などが後を絶たない。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント