アート&レビュー

クローズアップ

「臆病な零戦操縦士」に込めた思い 百田尚樹さんに聞く 映画「永遠の0」原作者

2013/12/20

 国を愛するとは、人を愛するとは……。死ぬためでなく、生きるために戦い続けた零戦パイロットを通して、壮大な愛のドラマを描いた映画「永遠の0」(山崎貴監督)が、21日から公開される。原作となった作家・百田尚樹さんの同名小説は発表当初の低空飛行から、異例の経過をたどりミリオンセラーに。作品に込めた思いを百田さんに聞いた。
(聞き手は日経BP社 デジタル編集センター編集委員 大谷真幸)
百田尚樹(ひゃくた・なおき) 1956年大阪府生まれ。放送作家として「探偵!ナイトスクープ」(朝日放送)や数多くの番組を手がける。2006年「永遠の0」で小説家デビュー。13年「海賊とよばれた男」で本屋大賞を受賞。代表作に「ボックス!」(2008)、「風の中のマリア」(2009)など。

――2012年に発表した「海賊と呼ばれた男」(講談社)が今年、第10回本屋大賞を受賞した百田さんにとって、「永遠の0」は50歳で書いた処女小説だった。

 「永遠の0」を書き始めたのはちょうど50歳になったときです。「人生五十年」という言葉があるけれど、「昔だったら人生終わっとんやな」と思ったんです。

 それまでは放送作家としてテレビのバラエティー番組を作っていました。テレビの仕事は大勢で作る楽しみがあるのですが、50歳を超えて、今までとはまったく異なる表現の世界を、1人でやってみようと思った。それが小説を書き始めたきっかけでした。

――小説の舞台に第2次世界大戦中の日本を選んだのは、当時、闘病中だった父親が関係していたという。

 小説を書こうと思ったとき、父が末期がんであと半年という時期を迎えていました。その一年前には叔父が亡くなっていた。

 父も叔父も兵隊として第2次世界大戦を経験しています。その人たちが歴史から消えようとしている。

 僕は、父や叔父から戦争の話を聞いています。私は戦争が終わってちょうど10年目に生まれた子供だから、それが普通でした(百田氏は1956年生まれ)。でも、父も叔父も、自分たちの孫には戦争の話をしていないんです。父の世代が消えてしまうと、語り継ぐ人がいなくなってしまう。彼らから話を聞いてきた世代として、その話を受け渡さないといけないと思ったのです。

――主人公を零戦のパイロットにしたのは「第2次世界大戦全体を描きたかったから」だ。

 太平洋戦争をきっちりと描こうと思ったら、本にして何冊分もの分量が必要になります。でも、小説にするからにはコンパクトにまとめたい。分量を抑えながら戦争全体を描くには何が必要か。その答えが多くの戦場を描くことでした。

 零戦はあの戦争を最初から最後まで戦った戦闘機です。真珠湾攻撃から終戦間際の特攻に至るまで、戦場には零戦がいた。主人公を零戦の搭乗員にすれば、多くの戦場を描ける、あの戦争全体を書けると考えたわけです。

 主人公にあえて「臆病者」「海軍の恥さらし」と言われる人物を選んだのは、小説で「生きる」ということを描きたかったからです。当時の航空兵は、非常に戦死率が高かった。作戦に出たら何割かが死ぬという戦いを、繰り返し繰り返し続けるんですから。その中で「とにかく生きて帰る」というキャラクターを生み出すことによって、作品のなかで「生きる」ことを問えるのではないかと考えたんです。

【関連キーワード】

百田尚樹山崎貴永遠の0

アート&レビュー

ALL CHANNEL