映画作りは「とんち力」 「永遠の0」山崎貴監督の現場拝見1

――戦争中のシーンと現代のシーンは、平行して撮影したんですか?

まず現代をまとめて撮って、その後に戦争中のシーンを撮影しました。そして最後にラストシーンを撮ったんです。

だから映画が完成したときは2種類の映画を作った感じがしました。ベテラン俳優さんと真剣勝負した映画と、VFXを多用した映画。実際の作品はそれが交互に出てくるわけですが。

戦争中のパートを撮り始めたときはふしぎな気持ちでした。ずっと現代のシーンを撮っていましたからね。いろいろな人を訪ね歩くロードムービーを撮っている気分になっていたので、「ああ、これ、戦争の映画だったんだ」って(笑)。

そして最後に撮ったのは現代のシーンだから、タイムトラベルしてきたような気分ですよ。撮影は全体で3か月だったんですが、3か月で60年間を行き来した気持ちでした。

――剣豪に手合わせを願った現代シーンとは一変して、戦争中のシーンは山崎監督がお得意のVFXが多用される世界です。昔から作りたかった戦争映画ですから、思う存分やれたのでは?

いえ、今回の映画はいろいろな戦場を描くので、予算の管理が大変でした。

空母の上だけで終わるお話だったら、空母を作ってしまえばいいんです。ラバウルだけを舞台にしたお話ならそこに注力すればいい。でも、この映画には真珠湾も出てくるし、ミッドウェーも出てくる。沖縄の戦いも、特攻も出てくる。舞台がたくさんあるので、限られた予算で、それぞれの舞台を成立させなくてはいけないんです。

――今はすべてVFXで作れてしまうようなイメージがあります。

とんでもない。役者さんと一緒にうつるところは、コンピュータグラフィックス(CG)より本物のほうが、やっぱり迫力が出るんです。役者さんにしても、手に触れるところは実物のほうが演じやすい。セオリーは「カメラから近いものは実物にして、遠いものはCGにする」。ですが予算は限られている。そこで求められているのは「とんち力」なんですよ。

――とんち力?

たとえば、宮部と彼のライバルである景浦が乗っていた21型零戦は、実機を1機しか作りませんでした。2人それぞれの零戦があるように、零戦の左右で塗装を塗り分けたんです。片側からみたら宮部の零戦なんだけど、反対側からみると景浦の零戦にみえる。そうやって節約していったんです。

一方で譲れないラインもあります。ラバウルのシーンは、どうしても南の島で撮りたかった。生えている植物も、鳴いている虫の声も、太陽光線の角度も違いますから。

結局、奄美大島まで零戦を持っていきました。分解してトラック何台分にも分けて、それをさらにフェリーに乗せて運んだんです。すごいお金が掛かりましたけど、そこは絶対に譲れないところでした。

どこを実物で撮るか、どこをCGで後から作るか。VFXはその組み合わせを考えるパズルなんです。

(第2回は14日に掲載予定です)

『永遠の0』 百田尚樹の同名ベストセラー小説を『always 三丁目の夕日』シリーズを手がけてきた山崎貴監督が映画化。司法試験に落ち、進路に迷う佐伯健太郎は、祖母の葬儀で初めて祖父・賢一郎と血のつながりがないことを知らされる。健太郎はフリーライターの姉とともに、特攻で戦死した実の祖父、宮部久蔵の生涯を調べるため、かつての戦友たちを訪ねていく。彼らによると宮部は天才的な零戦操縦士だったのに、なぜか「海軍一の臆病者」といわれていた。宮部が残した「謎」を解いていくと、驚くべき“真実”が……。2013年12月21日(土) 全国東宝系でロードショー。 
注目記事
今こそ始める学び特集