訪日外国人に異変? 過去最高なのに中国人客は大幅減編集委員 小林明

7月の訪日外国人客数は月間で初めて100万人の大台に乗ったが、詳しく統計をみると大きな異変が……(東京都台東区の浅草寺)

日本を訪れた月間外国人旅行者数が7月に初めて100万人を突破し、今年1~7月の累計訪日外国人客数も595万7700人と過去最高を記録。かつて政府が目標に掲げた「年間外国人客数1000万人」の達成が現実味を帯びている。円安やビザ(査証)発給要件の緩和などを背景に日本への渡航人気が高まっているためだが、統計を詳しく読み取ると、意外な事実が浮かび上がってくる。

「観光立国」を目指す日本にいま、何が起きているのか?

日本を訪れる外国人旅行者数はこれからどんな軌跡をたどるのか?

統計を元に詳しく追いかけてみた。

円安・富士山・東京五輪効果を期待

「アベノミクス効果で円安が進み、富士山が世界遺産に登録され、さらに2020年の夏季オリンピックの東京開催も決まった。まさに海外からの観光客誘致には絶好の追い風が吹いている」。日本政府観光局(JNTO)海外マーケティング部長の小堀守さんはこう期待を込める。小泉純一郎元首相は03年、10年までに年間1000万人の訪日外国人客数を目標に掲げたが、その目標が3年遅れでようやく達成できそうな勢いを見せているからだ。

これまで訪日外国人客数はどんな推移をたどってきたのだろうか?

棒グラフは日本を訪れた年間訪日外国人客数の推移である。07年まで順調に増加を続けたものの、09年はリーマン危機(08年9月)のあおりで減少、11年は東日本大震災(同年3月)の影響で大きく減少。「観光立国」への道のりは大幅な練り直しを迫られた。

リーマン危機・震災の影響を克服

だが、再び潮目が変わるのが12年。12年通年で前年比34%増と回復基調に転じ、さらに2013年1~7月の累計も前年同期比22%増で推移。東日本大震災や原発事故で広がった敬遠ムードは着実に落ち着きを取り戻し、このペースで年間外国人客数が伸びれば、2013年は通年で1019万6888人に達するという計算。目標の年間1000万人を初めて達成する可能性が膨らんでいる。

さらに11、12、13年の月別訪日外国人客数の推移を見てみると、その回復ぶりがよく分かる。訪日外国人客数は東日本大震災が起きた11年3月以降、大幅に減少し、特に4月は29万5826人と前年同月比で63%減を記録するなど、12年2月まで前年を下回る状態だったが、12年3月以降は前年実績を上回る拡大傾向が続いている。

では、どの国・地域からの訪日外国人客数がよく増えているのだろうか?

詳しく調べると、興味深い傾向が読み取れる。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
中国からの旅行者は減少続き
エンタメ!連載記事一覧