ゆがみ、へこみは絶対ダメか 真珠の“誤解”点検

合わせ方が難しいとか、高いのか安いのか判断がつきにくいといったイメージから、真珠のアクセサリーを敬遠する人も少なくないようだ。大手宝飾品会社などを経て、真珠を使った装飾品を扱う会社を興した森永のり子さんによると、誤解と情報不足が、世界に名をはせた日本の特産品の輝きを鈍らせているとか。真珠に親しむためのポイントを聞いた。

養殖とはいえ、自然界で作られる真珠には一個一個に個性がある

森永さんはミキモトなどで服飾、装飾品の専門知識を身につけたのちに独立、現在は真珠のアクセサリーなどを企画、販売する「パールエンジェル」を率いている。

森永さんによると、真珠に関する残念な“誤解”がいくつかある。「冠婚葬祭で身につけるもの」「ある程度の年齢にならないと似合わない」といった点だ。

ダイヤはもらうもの、真珠は自分で買うもの

身につける場面として、森永さんは欧米の流儀を参考にしたいという。「欧米では働く女性のステータスシンボルです。映画やテレビドラマに出てくる弁護士たちは仕事の場面でよく真珠のネックレスをしていますし、ヒラリー・クリントンさん(前米国務長官)やコンドリーザ・ライスさん(元米国務長官)が真珠の愛好家として知られています」。ちなみにダイヤモンドは女性にとってはパートナーである男性の力を示す宝飾品で、プレゼントしてもらうもの。真珠は自身の社会的な立場などを象徴する飾りで、自分で買うものということになっているという。

森永さんは「真珠=冠婚葬祭の黒服というイメージをまずぬぐいたい」と話す。

若いとあまり似合わない――。この見方はあながち見当外れではなく、要は真珠の大きさだという。

「若い人があまり大きな真珠をつけても似合いません。年齢を重ねた方が小さな真珠をつけていてもちぐはぐです。体格に関係なく、年齢に応じ、20代なら6.0~6.5ミリ、30代~40代は7.0~7.5ミリの標準的な大きさに、50代以上は大珠(おおだま)と呼ばれる8.0ミリ以上に、というのが基本的な考え方です」。自分の社会的な立場の象徴という考え方からしても、自然に年齢相応の大きさということになりそうだ。

人工的に管理された環境下とはいえ、自然のなかで、生き物であるアコヤガイが作る真珠は1個1個色合いも異なれば、微妙なゆがみなどが生じることもある。それぞれ個別の光を放つたまの中から、似た系統のものを選び出し、中心に向かって大きくなるように並べ、1本のネックレスにする作業自体、年季とセンスが問われるアートの世界だそうだ。