よみがえった小津の色彩 ジャ、是枝も駆けつけるカンヌ映画祭リポート2013(12)

煙突の赤、ドラム缶の赤、消火栓の赤。小津の好きな赤だ。野球場の照明灯の背後に広がる宵の空は、深い青みを帯びている。料亭の器の緑、黄、赤が調和をなす。緑のラジオ、黄色のやかん、青い電話、赤いバケツなんていう奇妙なものもある……。

修復された「秋刀魚の味」の笠智衆(C)1962松竹

今年で生誕110年を迎える小津安二郎監督はカラー作品を6本残した。うち松竹が製作した「彼岸花」(1958年)、「お早よう」(59年)、「秋日和」(60年)、「秋刀魚の味」(62年)の4本を、東京国立近代美術館フィルムセンターと松竹が共同でデジタル修復することになった。まずは遺作「秋刀魚の味」の修復が完了し、23日、カンヌクラシック部門で世界初公開された。

公開から半世紀を経た小津のカラー作品のフィルム原版は「緩慢な劣化が進んでいた」(岡島尚志フィルムセンター主幹)。「お早よう」の場合は原版からプリントを焼くことが困難な状態になっていた。

この原版を最新のデジタル技術を使って「小津が意図したであろう状態に復元する」(岡島氏)のが修復の狙いだ。画像の修復は当時撮影助手だった撮影監督の川又昂と、川又の助手だった近森眞史、音声の修復は当時の助監督の田中康義が監修した。

修復された「秋刀魚の味」。岡田茉莉子と佐田啓二(C)1962松竹

オリジナルのネガを解像度4K(4096×33112ピクセル)で一こま一こまスキャンし、デジタルデータ上でフィルムの傷を修正。小津の製作意図を監修者と綿密に打ち合わせながら、色調と画調を調整した。

さらに保存では三色分解方式を採用。映像を赤、緑、青のデジタルデータに分解し、各データを黒白フィルム3本に分けて記録し、保存する。現時点で最も確実なカラー映画の保存方法で、ハリウッドでは広く実施されているが、日本では事例が少ない。フィルムセンターが長編映画を三色分解で保存するのは初めてだ。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
エンタメ!連載記事一覧