エンタメ!

裏読みWAVE

男性名の流行は1字→2字、誠から大輔へ 編集委員 小林明

2013/5/10

少し細かいが、時代ごとの新たなトレンドも読み取れる。

■年号や干支にも由来

まず年号に由来した名前。

1912年(大正1年)に「正一」、1913年(大正2年)に「正二」、1914年(大正3年)に「正三」、1927年(昭和2年)に「昭二」、1928年(昭和3年)に「昭三」がランキング1位になったのはその代表例。「~雄」「~夫」「~男」という名前の中で「和夫」が昭和期になってもトップ10に顔を出すのは、「昭和」という年号にちなんだ名前だからと考えられる。

1916年に1位になった「辰雄」は干支(えと)が辰(たつ)年だったため。

1943~45年にトップ10入りした「勝利」は、「勝」よりも強く、切実な戦勝祈願からだろう。

■浩宮さま、健太郎ブーム……

1960年に首位に「浩」が浮上したのは、浩宮さまが誕生されたのにあやかったためとみられる。60年には「浩一」「浩二」「浩之」なども次々とトップ10入りし、「浩」ブームはその後も続く。

「1字」→「2字」という大きな流れがある中で、独自の存在感を示しているのが「3字」の「健太郎」。1977年にいきなり3位に登場するが、これは1976年から77年にかけて「失恋レストラン」をヒットさせた人気歌手、清水健太郎さんの影響だろう。

「健太郎」は1981年、82年の9位、89年の10位などその後も時々、トップ10に顔を出す。

いちいち紹介しきれないが、これ以外にも様々なトレンドがある。

表をじっくり眺めながら、流行の変遷を自分なりに味わってみるのも一興かもしれない。

エンタメ! 新着記事

ALL CHANNEL