エンタメ!

裏読みWAVE

男性名の流行は1字→2字、誠から大輔へ 編集委員 小林明

2013/5/10

さらに分析を続けてみよう。

ランキング10位までを過去101年分さかのぼったのが表2である(変遷が見やすいように、各時代の1位などを色づけした)。これまで見てきたプロセスをより詳細に検証できるので面白い。

ざっと表を眺めてみてほしい。様々なトレンドが見えてくるはずだ。

■「~雄」「~夫」「~男」や「~郎」が消えた?

まず気が付くのが、「~雄」「~夫」「~男」や「~郎」という男子名の典型だった伝統的な名前が、昭和初期までにランキング10位からほとんど姿を消してしまったこと。

「正雄」「正夫」「義雄」「武雄」「秀雄」「一郎」「三郎」……。大正期にはこうした名前がトップ10の常連だったが、昭和期になると「和夫」が時々、顔を出すくらいまでに減っている。当時の“新しさ”を名付け親が求めたためと考えられる。

■「学」は受験ブーム世代

「学」という名前に着目するのも面白い。

9位に躍り出た1965年以降、1980年まではトップ10の常連だった。これは戦後の第2次ベビーブームにあたる団塊ジュニア(1971~74年生まれ)など「受験ブーム」が一気に過熱した世代が生まれた時期とちょうど重なる。だが1981年以降、「学」はトップ10からパッタリと姿を消し、その後の「ゆとり世代」ではあまり見られない名前になってしまう。

名前が世相を反映したようだ。

エンタメ! 新着記事

ALL CHANNEL