MONO TRENDY

ブームの予感(日経MJ)

友達の友達は社員候補 広がる「SNSでコネ求人」 IT業界皮切りに新たな職探しツールに

2013/2/17

■安い募集費用 課題は成約率

募集要項を投稿後、「ジョブショア」の管理画面を見るフリークアウトの社員(東京都渋谷区)

リクルートキャリア(東京・千代田)によると中途採用の求人数は昨年11月、4年ぶりに7万人を超えた。特にネット専門職は求人倍率が4倍近い。人材紹介会社への手数料は転職者の年収の約30%で数百万円。「相場よりはるかに高い手数料で獲得に走る企業もある」(IT企業)

一方、求人広告は資金力のある大手が目立つ場所を占拠し、ベンチャーには不利。アプリ開発のジェナ(東京・中央)は「全く募集が目立たない」(手塚康夫社長)と、ウォンテッドリィの利用に切り替えた。

SNS活用の求人サービスは成果報酬型で数十万円と安価だ。I&Gパートナーズの新居佳英CEOは「都心のホワイトカラー中心に3~5年で相当普及する」とみる。

課題は成約率。新サービスゆえか、ジョブシェアではまだ転職実績がなく、フォークウェルも数人どまり。潜在的な転職者に「最初の一歩」を踏み出させる工夫も必要で、ジョブシェアは応募の前段階として「興味あり」ボタンを新設した。(石森ゆう太)

[日経MJ2013年1月30日付]

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
森永ラムネが大ヒット ブランドの意外性が成功の鍵
日経クロストレンド
アップル、4年半越し悲願 腕時計「常時点灯」の真意
日経クロストレンド
アップルがゴールドマンと出すクレカ、意外と使うか
日経クロストレンド
花王が洗顔シートで王者を逆転 敵の弱点を徹底訴求
ALL CHANNEL