書は「3D」のアート書家 柿沼康二

書の一回性については、習字の時間を思い出してほしい。先生から口やかましく、二度書きや、なで書きを注意されたと思う。絵画の世界では制作中にお茶を飲んでも、一晩あるいは半年寝かして書き加えても「ノープロブレム」だが、書においては基本的かつ重大なルール違反である。邪魔が入ったとたん、漢字や文字を構成する点画どうしの「気脈」が大きく崩れ、連動が断たれ、不自然きわまりなく粗末な文字表現となる。

書の立体感

絵画を書や音楽と比較した場合、絵画には時間の制約がないとは言わないまでも、少ない。永遠に継ぎ足し、書き足しができるので「どこでやめるか、いつ終わりにするか」を問われる。音楽は基本、一つの楽曲が終われば終わり。書は文字、文章を書き終えたら終わり。音楽も書も、あらかじめ始まりと終わりがあるモチーフを何回繰り返すかで、作品全体の質が左右される。ライブともなれば、その瞬間でベストを出さなければならない。

「虹」(柿沼康二筆)=不思議なむし、あるいは怪奇な麗性の生き物を示す意符「虫」と音符の「工(コウ)」とからなる形声文字が「虹」。そこに渦を巻き、天かける竜の姿を求めた(雄山閣「甲骨金文辞典」参照)

書における絵画性で、私が最も大切にしているのは「立体感」である。

書も絵画も一見、「2D」(2次元・平面)と思われがちである。しかしミクロの視点ではカンバスや画仙紙(書の紙)、定着したインクや墨の表面も凸凹まだらで、厳密には平面といえない。この世に平面や直線は、ないのだ。

一見2D的な表現をいかに「3D」(3次元・立体)に見せられるかが作品の価値、作家の力量を物語る。書や絵画の「空間芸術」たるゆえんは、ここにある。立体感。それは作品から鑑賞者に放熱され、訴えかけてくる多様なエネルギーの形ともいえよう。エネルギーが「お肌」に合うか合わないかが、見る側にとって、作品への好みとなる。

立体感においても、書家の核である「臨書」に対する姿勢が問われる。臨書で文字の3D感覚をとらえるべく古典に迫らない限り、立体感は都合よく出現してはくれない。

「書における立体」

この感覚をつかんだ瞬間、長い間悶々としてきた気持ちがいっぺんに、晴れやかとなった。

書という芸術は、音楽における時間性と絵画における空間性を兼ね備え、さらに文字や言葉などの文学性をモチーフとする「総合芸術」であると、多少なりとも伝えることができたのであれば、うれしい。

あるテレビ番組の海外ロケ中、米国シカゴでギャラリーのオーナーが唐突に切り出した。

「絵画は時間がかかるから高価だが、書はあっという間にできるから安い」

私は「ばかやろう」と言いたい気持ちを抑え、逆にほほ笑みながら冷静に、こう返した。

「今まで生きてきた時間(当時32歳)プラス数分だとしたら、どう?」

書に潜む時間の感覚を納得させるには、まだまだ時間がかかる。

柿沼康二氏(かきぬま・こうじ) 書家。5歳より筆を持ち、父の柿沼翠流、手島右卿、上松一条らに師事する。東京学芸大学教育学部芸術科(書道)卒業。高校の書道教師を辞し26歳で渡米。ニューヨークで個展を成功させ、2006~07年にはプリンストン大学特別研究員としてニュージャージー州プリンストンに滞在した。「書はアートたるか、己はアーティストたるか」の命題に挑戦し続け、伝統書から特大筆によるパフォーマンスまで、多彩なパフォーマンスを展開する。NHK大河ドラマ「風林火山」や北野武監督の映画「アキレスと亀」など題字も手がける。現在は柿沼事務所代表取締役社長兼所属アーティスト。1970年7月16日、栃木県矢板市生まれ。
読者の皆様のコメントを募集しています。コメントはこちらの投稿フォームから
注目記事
今こそ始める学び特集