震災後の不安を映す 映画回顧2012

映画にはフレームがあり、フレームの中にしか映画はない。それなのにフレームの外の世界を見る者に強く想起させる力が、映画にはある。東日本大震災後のこの国に充満する不安な空気を、映画作家たちは鋭敏にとらえていた。

塚本晋也監督「KOTOKO」(C)2011 SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER

塚本晋也監督「KOTOKO」。シングルマザーの子育ての不安を描いたこの作品が真に迫っていたのは、主演した歌手Coccoの存在感と塚本の表現主義的な演出だけの手柄ではない。撮影が3・11直後であったこと、観客の不安がヒロインの不安と共振したことが、強いリアリティーを与えた。原発事故や放射能を描いた映画ではないが、この国に渦巻く不安が画面の底からそくそくと伝わってくる。

園子温監督「ヒミズ」。園は3・11を受けて急きょ脚本を書き直し、舞台を震災後の日本に設定した。原作漫画が描いた「終わりなき日常」を生きる若者たちの退屈は、「終わりなき非日常」を生きる若者たちの悲壮に変わった。今の日本の現実に違いない。若者たちの絶望は、ガレキという現実の背景を得て、希望へと転化した。

園子温監督「希望の国」(C) The Land of Hope Film Partners

園は続く「希望の国」で原発事故の再発を描いた。壮大なフィクションだが、悲痛な叫びはひとごととは思えない。国家によって土地を追われるということがまぎれもない現実となった今、われわれはいったい何に根差せばいいのか?

日本人の寄る辺なさは多くの作品に影を落としていた。

周防正行監督「終の信託」は患者と医師の愛の物語を通して、医療制度や司法制度といった日本社会の根幹を支えるシステムの不毛と、そこに生きる現代人の孤立をあぶり出した。頼るべきものに頼れない。そこに不安の源泉がある。

原田真人監督「わが母の記」

原田真人監督「わが母の記」は、母と息子の確執という小さな物語の背景に、緩やかに解体に向かう家族という大きな物語が浮上する。単に小津安二郎を模倣したからではなく、今の時代と響き合うものがあったからだろう。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
エンタメ!連載記事一覧