「うどんの関西」でそばが勢力拡大 増える産地や人気店

「時うどん」という上方落語があるように関西で麺と言えばうどん。そばは有名店がひしめく東京や原料産地の信州(長野県)などと違い、従来はイメージが薄かった。だが、地域活性化を目指して関西でも新たな産地が育ち、関東の味付けを取り入れた人気店が増えるなど、勢力を強めているようだ。そばの最新事情を調べた。
新産地 花開くソバ(兵庫県姫路市)

近畿圏内の2010年度のソバの作付面積は999ヘクタールで全国の約2%だが、08年度に比べ4割増えた。一番の生産量を誇るのが滋賀県。10年度の栽培面積は08年度比50%増の416ヘクタール。10年度の収穫量は279トンに上る。

同県内では多賀町が主要産地。1996年度に栽培面積0.2ヘクタールからスタートし、11年度は83ヘクタールまで拡大した。関西のそばといえば従来は兵庫県豊岡市の出石町の「皿そば」が有名だが、今、ここ以外にも「そばを特産品に」との動きが広がる。

最近、新たな産地として躍り出ているのが兵庫県姫路市夢前町だ。9月中旬から10月上旬まで真っ白なソバの花が咲く。ソバ栽培は耕作地の有効利用につながる。現在、6つの営農組合と農業法人が無農薬・無化学肥料の「夢そば」を作り、12年度の作付面積は約80ヘクタールと県内最大だ。

□   ■   □   ■

農業生産法人「夢前夢工房」(同市)の衣笠愛之社長(51)は99年、5ヘクタールの土地で栽培を始めた。当初は地元のそば店しか販路がなく苦戦。その後、製粉会社や農家などと協議会を立ち上げ02年に乾麺の販売を始めると認知度が上がり、地元百貨店やスーパーに取扱先を広げることに成功した。

夢前夢工房は市内でレストランやそば打ち体験教室も開く。衣笠社長は「夢そばを通じ、地域の活性化につなげていきたい」と意気込む。

同じ兵庫県の八幡営農組合は05年から加古川市の5ヘクタールでソバを生産。06年からは生産したそばを同組合が運営する店で提供している。商品名は地元の神社から取った「八幡厄神そば」。殻ごと粉にするのが特徴で風味があり、腰も強い。地元住民に加え市外からの観光客も増加中だ。

注目記事
今こそ始める学び特集