旅行・レジャー

京都ここだけの話

秋の観光の目玉は「特別公開」 京都のチラリズムを堪能

2012/9/27

つり広告や駅のポスターなどでよく見かける京都の神社仏閣。大きな字で「特別公開」と書いてあれば、つい「出かけようか」となるから不思議です。

【登場人物】


東太郎(あずま・たろう、30) 中堅記者。千葉県出身。人生初の「関東脱出」で京都支社に転勤し半年。取材時もオフの日も突撃精神で挑むが、時に空回りも。エアコンを使わず窓を開けて寝られる季節になり、ほっとしている。


竹屋町京子(たけやまち・きょうこ、25) 支社の最若手記者。地元出身、女性ならではの視線から、転勤族の「知識の穴」を埋める。ショップの店頭やDMで「特別」「限定」と銘打たれると、ことのほか弱い。


岩石巌(がんせき・いわお、50) 支社編集部門の部長。立場上、地元関係者との交遊も広く、支社で一番の「京都通」を自任する。「スイーツの店は並んだ方がおいしくなるんだ」と強弁。

(登場人物はフィクションです)


■ありがたい特別公開、極め付きは「虫干し」!

東太郎 ようやく秋の気配が漂い始めてきました。観光シーズンの到来ですよ。

竹屋町京子 最も観光客が少ない2月に対し、11月は約3倍の人が来ますね。

岩石部長 秋といえば寺社の特別公開が増えるのが楽しみだな。

京子 寺社が多いから、地元の人はいちいち驚きませんけど。それに混雑するし。

太郎 出た、その偉そうな態度。

京子 でも、貴重なものは見に行きますよ、私だって。東寺では空海の生涯を描いた重要文化財の「弘法大師行状絵巻」全12巻の特別公開が始まっています。12年ぶりの全巻公開ですね。

太郎 金戒光明寺は11月7日から12月4日まで、御影堂と阿弥陀堂の内部や大方丈、庭園を公開します。近くの尼門跡寺院、霊鑑寺も11月17日から12月2日まで公開します。紅葉のいい時期ですから、にぎわうでしょうね。

東寺で特別公開された「弘法大師行状絵巻」=20日午前、京都市南区

部長 さすが京都。「実写版・日本史資料集」というか、歴史そのものだもんな。

京子 比叡山の延暦寺では10月19日から11月25日まで毎日、夜間の特別拝観をやります。ライトアップ好きにはたまらないと思いますよ。

太郎 土、日、祝日は坂本(大津市)から臨時ケーブルカーも運行するので、クルマがなくても行けます。

旅行・レジャー 新着記事

ALL CHANNEL