勝ち抜き戦で決勝進出 “日本茶名人”検定受験記

静岡勤務の間に、茶のおいしい入れ方くらいは覚えておきたい。そんな気持ちで「日本茶アドバイザー」の資格を目指した記者を待ち受けていたのは、製茶の“実技”を含む濃厚なカリキュラムだった。さらに修了後には実力テストを兼ねた茶どころならではの試合に臨むことに……。

湯温と浸出時間によって味も千変万化。日本茶の難しさでもあり、楽しさでもある

さすが茶どころの人気資格

記者(27)が静岡支局に赴任してもうすぐ2年半になる。取材先を訪ねるとコーヒーではなく緑茶が出てくることにも驚かなくなり、珍しい品種や高品質の茶葉に出会うたびそれにふさわしい茶器がほしいと、気づけば自宅の急須だけで6個になっていた。

好きな茶葉を、好きな茶器で入れ、その都度微妙に異なる風味を楽しむという一連の流れが好きになった。

そんなときたまたま目についたのが、特定非営利活動法人(NPO法人)日本茶インストラクター協会(東京・港)が静岡で開くお茶の専門家養成講座の案内。

地域向けのお知らせ記事をつくるついでに「まだ定員に余裕はありますか」と尋ねると「ありますよ」の返事。すぐ申込書を送った。7科目5日間、受講料は教材つきで約6万8000円。お稽古事にしては奮発した。

日本茶インストラクター協会は日本茶をおいしく飲むための“プロ”を育成している。講座では歴史や栽培・製造方法、鑑定方法などを学び、茶種に合った入れ方を覚え、試験を通ると指導者に認定される。

初級指導者は「日本茶アドバイザー」と呼ばれ、より専門的な知識や技術を持つ中級指導者は「日本茶インストラクター」という。今年の7月時点でアドバイザーは約7600人、インストラクターは約3200人。

都道府県別では静岡県が最も多く、アドバイザーは1500人を超える。講座は通信教育が基本だが、記者は挫折防止のため通学式のコースを選んだ。

日本茶の資格を取るカリキュラムには実習もある(荒茶をふるいにかけて大きさをそろえる)

アドバイザーの養成スクールは東京や京都など茶の大消費地や生産地に置かれている。記者が通った静岡校には10人の講師がいた。茶農家や製茶問屋、食品会社の品質管理部門で働く人など、みな普段は別の仕事をしているそうだ。やや意外だったが、約30人の受講生の多くは茶業と関係のない仕事をしていた。

聞くとアドバイザーの約75%、インストラクターの半数弱は非茶業関係者という。みんな素人ということで安堵し、励まし合って授業に臨んだ。

初級指導者の養成講座とはいえ、習うことは多い。茶は煎茶や玉露など作りたい茶種によって栽培方法や製造方法も異なる。さらに茶葉の浸出方法、いわば「お茶の入れ方」により、うまみ成分や渋み成分の出方も変わってくる。