N
アート&レビュー
舞台・演劇

NODA・MAP「エッグ」イメージが跳躍する演劇的交響楽

2012/9/11

舞台・演劇

池袋駅前の東京芸術劇場が9月を期してリニューアル・オープンした。「さあ芝居をみよう」。面目一新、中劇場改めプレイハウスが観劇気分を盛り上げる空間に生まれ変わったのは喜ばしい。壁面の角度や音響面を改善し、舞台と観客の一体感を増した。

劇場の変身ぶりにびっくりしてプレイハウス初日(5日)の客席にすわったら、野田秀樹作・演出の新作「エッグ」に目を、耳を、そして脳を驚かされた。2度びっくり。

謎解きの詳細は書けないけれど、ニッポン、ニッポンの歓呼も記憶に新しいオリンピックの熱狂を取りこむこの舞台はまさに演劇的運動だった。イメージの激しい跳躍は、ことしの演劇界の語りぐさとなるだろう。

エッグなる謎のスポーツをめぐる奇談。競技は常に見えない舞台奥の向こう側で行われているから、観客は歓声の響くロッカールームを見るだけ。エッグって何? その起源は? 謎が謎を呼ぶ展開にほんろうされていると、芸術監督役の野田秀樹が実際に出てきて劇を中断させたり、その愛人(野田2役)が女生徒をつれて劇場を案内したりで、劇は入れ子構造になっていく。なんと劇の世界は寺山修司の謎の台本を手にした芸術監督の妄想という形をとっていた。スポーツのナショナリズムを描く劇作家は俳優の演技を断ち切り、当意即妙に筆を執り直し、とうとう日本人の禁断の過去に肉薄する。その作意の道程さえ見せてしまうのだ。

冒頭、ロッカーやイスが散乱する控室。いさかいの跡を思わせる不思議な光景は白熱する日中戦の舞台裏に変わり、あれよあれよというまに時代をジャンプする。1964年の東京五輪から、戦前の幻の東京五輪、さらには満州(中国東北部)へ。

前半のスポーツの場面が戦争の秘話に裏返るさまは、まるで手品だ。スポーツと戦争が大衆を沸かせる点で似通った相貌(そうぼう)を呈することはよく知られているが、ふたつが表と裏をなす野田の演劇的しかけは水際だっていた。能の前シテと後シテではないけれど、場が変わると同じ人間が別の運命を生きるのだ。全編で休憩なしの2時間あまり、後半は息もつかせない。

真実を覆い隠す壁。人を移動させる汽車の汽笛。大衆を扇動する歌の力。責任を他人になすりつける言葉。視聴覚を刺激するあれこれが、いってみれば演劇的交響楽となって五感を刺激してくる。いつのまにか、スポーツの熱狂は戦争の狂気の似姿となり、観客は第2次大戦中のおぞましい人間の行いを目にすることになる。劇としては謎が解けていく展開が一直線にすぎるきらいがなきにしもあらず。人間が時空を超えて変身する構造をもっと浮き立たせたい気もする。が、それでも野田が近年磨いてきた「見立て」の演出が刻々と変化を作って見ごたえがある。

注目記事