「世界の主役」の数奇なキャリア バレリーナ・加治屋百合子さん (上)

「世界五大バレエ団」の中で、日本人として唯一主役を張るバレリーナがアメリカン・バレエ・シアター(ABT)のソリスト、加治屋百合子さんだ。中国国立の学校で育ち、カナダの国立バレエ学校から世界の才能が集うニューヨークへ。厳しい競争の中でも、ゆったりとしたたたずまいを崩さず、輝きを増してきた秘訣は……。

ABTソリストの加治屋百合子さん。日本版Newsweek誌の「世界が尊敬する日本人100人」で紹介されたこともある

自分のありのままを受け入れて

バレエは肉体の美を極める芸術だ。日本人の体形もだいぶ変わってきたとはいえ、長い手足を持ち、小さな顔で舞台に登場しただけで映える欧米人に対するハンディは小さくない、と普通は思われる。

しかし、バレエ人生の初めから“国際舞台”で過ごしてきた加治屋さんの意識は日本人だからどうこうという枠の中から、とっくに抜け出ていた。

「もし、そういうコンプレックスがあったら、今踊っていないと思います。バレエは身体をそのまま舞台に出します。その部分を受け入れないと仕方がないのです」。中国でバレエを始めたときから、体形の違いは身にしみていた。だからこそ嘆くのでなく、いかに踊るかだけを考えてきた。

10歳のとき、父親の仕事の都合で上海に渡った。それまでいくつもの習い事をしていた加治屋さんに「こういうところもあるよ」と父親が写真を撮ってきてくれたのが、中国国立の上海舞踊学校だった。プロを目指し、体形などの厳しい審査を通った超エリートが集う場所だった。全寮制というところにひかれ、両親は「みんな同じ環境だから頑張れるかもしれない」と考えたそうだ。

「中国人のための学校」の厳しさ

一般科目を教える教室も併設されており、1学年15~16人で構成される。学費は国持ちだ。スポーツでも何でも、中国が国がかりで行うエリート教育は日本人には想像もつかないすさまじさだ。

世界に通用するプロのバレエダンサーを生み出すのが目的だから、生徒はもちろん、教師にかかるプレッシャーも相当なもの。結果を出すことを求められる教師は当然のように、好素材とみた生徒に目をかける。そんなエリートの園に、普通の子どもが入り込んでしまったわけだ。

国立学校は留学生も採用していたが、高校を卒業したくらいで入学するケースが大半。10歳という年齢には中国側もびっくりしたのだろう。両親の骨格まで触ってみられたうえで「3カ月と続かないからやめなさい」と忠告された。それでも入学が認められたのは「国内の生徒と違って、学費を払ってまで学びたいというのだから、断る理由はない、ということだったのでしょう」

実際、学校では中国人でないこと、エリートでないことの不利に直面した。なぜ、私はクラスメートと同じに扱ってもらえないのか――。