N
MONO TRENDY
ブームの予感(日経MJ)

カラオケ超える楽しさ 「ショー・クワイア」人気の理由ヒット曲、歌って踊ってスター気分

2012/8/5

ブームの予感(日経MJ)

広く知られたヒット曲を、ダンスと組み合わせて歌い上げるショー・クワイア(show choir)を楽しむ人が増えている。自分たちで曲をアレンジし、踊りをつくる点が特徴だ。歌いながら踊るAKB48やEXILE(エグザイル)などの人気に加え、一般の人がショー・クワイアを通じて生き生きと輝くテレビドラマなどが背景にある。合唱やカラオケから一歩踏み出した、新しい音楽の楽しみ方として、広がりそうだ。

自分たちで曲をアレンジ

ドラマ「カエルの王女さま」では、ショー・クワイアが寂れた田舎町を活気づかせた

愛媛県西条市のダンススタジオ「Lダンススタジオ」では7月22日の発表会に向け、練習の詰めに入っていた。20回目となる今回の発表会の目玉は、中学生から社会人まで女性6人によるショー・クワイアだ。日産自動車のCMで使われた「ワインディングロード」(絢香×コブクロ)から始まり、NHKの連続テレビ小説「おひさま」のテーマ音楽となった「おひさま~大切なあなたへ」など全5曲を披露する。

ピアノが得意な元生徒が歌とダンスとのコラボレーションを提案。自分たちが選んだ曲をコーラスにアレンジし、歌詞とメロディーからイメージするダンスをつくり上げていく。指導者の塩見由紀さんは「歌は初めてなのでなかなかうまくいかないが、声が出てくれば体は自然に動き出すはず」と、生徒たちに期待する。集まって練習できるのは週1回1時間程度。あとは自主練習で補う。最後の曲は「上を向いて歩こう」に決め、観客と一緒に歌って踊る。

米国で人気のパフォーマンス

ショー・クワイアは、米国では人気のパフォーマンスで、日本でも神奈川県立逗子高校(逗子市)が約10年前から取り組んでいる。だが、広く知られるようになったのは、テレビドラマの影響が大きい。米ドラマ「glee(グリー)」は2010年から日本で放映され、12年4月からNHKのEテレでも放映中だ。高校グリー部の活動を描いた青春ドラマで、公式サイトによれば、ショー・クワイアとはパフォーマンスのための合唱隊のことを指し、歌だけでなくダンスも取り入れ、音楽もジャンルを問わず表現の自由度が高い点が特徴という。

4月から放映されたフジテレビ系ドラマ「カエルの王女さま」(6月21日終了)もショー・クワイアを軸にした町おこしの物語。寂れた田舎町のママさんコーラスのメンバーがショー・クワイアに取り組むことで自信を取り戻し、町を活気づかせていく。

次のページ
コンテストに1歳から70歳超まで参加
MONO TRENDY連載記事一覧