若松孝二、41年ぶりの帰還カンヌ映画祭リポート2012(5)

若松孝二がカンヌに戻ってきた。1971年の監督週間で「犯された白衣」「性賊/セックスジャック」が上映されて以来、実に41年ぶりだ。大島渚「儀式」などと共に上映され、映画祭が終わるとその足で、脚本の足立正生と共にパリからパレスチナに初めて渡った。そんな時代である。

「楯の会も連合赤軍も同じ」

インタビューに答える若松孝二監督

「あの時はジョン・レノンも見に来たね。オノ・ヨーコに連れられて」。25日、港に面したホテル・ラディソン・ブルーのロビーで若松は懐かしそうに話してくれた。監督週間は5月革命の余波で68年のカンヌ映画祭が中止になったことをうけ、創設されたばかり。熱気があった。

この日、ある視点部門で上映された「11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち」も、まさにその時代の物語だ。70年に自衛隊市ケ谷駐屯地に立てこもり切腹自殺した三島由紀夫の事件を描く。

若松は安保闘争の高まりの中で、国を憂う三島(井浦新)と森田必勝(満島真之介)ら民族派の学生たちが、事なかれ主義で一向に変わらない現状にいらだちを深めていくさまに焦点をあてる。政治的に正反対の立場であった新左翼の過激派を描いた「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」と対をなす作品だ。

若松孝二監督「11.25自決の日」

「楯の会の若者も連合赤軍の若者も同じ。国を憂い、国のためにやろうとした。腹の立つことがあって何かをやるのに、右も左もなかった」と若松。楯の会の若者たちの純粋さが、義を重んじる大作家を追い込んでいく。

若松自身は事件当時「なんでだ」と思い、仲間とは「だからバカなんだあいつらは」と話していた。「反対側の人間だったからね。でも年数がたつうちに三島という人間の感じ方がわかってきた。彼が何を訴えようとしたのか、何のために切腹したのかを、せめて映画で描こうと思った。映画が事実とは言わないが、自分なりに理解はしている」

その後の日本人が、右も左も無節操に体制にのみこまれていったことへの失望が若松にはある。「同じですよ。楯の会も連合赤軍も。結局何も起きなかった」

エンタメ!連載記事一覧
次のページ
「作品そのものを見てくれる」
エンタメ!連載記事一覧