モンローが祝う65回 世界最大の映画祭が開幕カンヌ映画祭リポート2012(1)

マリリン・モンローが車の後部座席で手のひらにバースデーケーキを抱えている。1本立ったろうそくを吹き消す唇の形のよいこと。30歳の誕生日に撮られたこのマリリンのモノクロ写真が、今年のカンヌ国際映画祭の主会場パレ・デ・フェスティバルを飾っている。

コンペの顔ぶれも壮観

マリリン・モンローの公式ポスターで飾られたパレ・デ・フェスティバル

 5月15日開幕前日。フランスのカンヌで開かれる世界最大の映画祭も今年で65回目。切りのいい年を祝福するという趣向だ。

ジャーナリストやマーケット参加者らの登録でごった返す開幕前日のパレの内部にも祝祭ムードが漂っていた。記者会見場のある3階から4階への吹き抜けの壁は、マリリンと同じようにケーキを食べようとしている映画人たちの巨大な写真で埋め尽くされた。

マレーネ・ディートリヒとエルンスト・ルビッチ、リタ・ヘイワースとオーソン・ウェルズ、ジュディ・ガーランドとクラーク・ゲーブル、エリザベス・テイラーとジェームス・ディーン……。映画史を彩るグラマラスな女優たちを中心に、巨匠やスターがそろってケーキを食する図は壮観だ。

先に発表された今年のラインアップも壮観だった。例年、大物監督の新作が集まるカンヌだが、顔ぶれを見る限り、とびきりの年といえる。

最高賞のパルムドールを競うコンペティション部門には今年90歳になる仏ヌーベルバーグの重鎮アラン・レネを筆頭に、英国のケン・ローチ、イランのアッバス・キアロスタミ、オーストリアのミヒャエル・ハネケ、カナダのデヴィッド・クローネンバーグと巨匠の新作がずらりと並ぶ。

会場内にもケーキを囲むスターたちの写真がずらりと並ぶ

さらに「リード・マイ・リップス」など緊迫感と人間味を併せ持つ犯罪映画を撮ってきたフランスのジャック・オディアール、2008年にグランプリを獲得し日本でも昨年公開された犯罪映画「ゴモラ」で強烈な印象を残したイタリアのマッテオ・ガローネ、07年に「4ヶ月、3週と2日」でいきなりパルムドールをさらったルーマニアの新鋭クリスティアン・ムンジウの新作もある。

ブラジルのウォルター・サレスはジャック・ケルアック原作の「路上」をもってやってくるし、80年代にゴダールの再来と言われた鬼才レオス・カラックスも実に13年ぶりの長編をひっさげてカンヌに戻ってくる。アジアからは「女は男の未来だ」のホン・サンス、「ハウスメイド」のイム・サンスと韓国の2人の実力派が集う。メキシコのカルロス・レイガダスも注目の映画作家だ。

そのほか「プレシャス」のリー・ダニエルズ(米国)、「ジェシー・ジェームズの暗殺」のアンドリュー・ドミニク(ニュージーランド)、「ザ・ロード」のジョン・ヒルコート(豪州)、「光のほうへ」のトマス・ヴィンターベア(デンマーク)……。いずれも新作が待たれていた第一線の監督ばかりである。

日本人監督は残念ながらここに割って入ることができなかった。ただキアロスタミ監督の「ライク・サムワン・イン・ラブ」は日本で撮影した日本語の映画で、大半のスタッフと俳優が日本人。日本とフランスの製作者が出資した日仏合作映画で、昨年度に創設された文化庁の国際共同製作支援の第1弾でもある。主演の奥野匡と高梨臨らがカンヌ入りする。

エンタメ!連載記事一覧
次のページ
ウェス・アンダーソン監督の冒険
エンタメ!連載記事一覧