旅行・レジャー

耳寄りな話題

「大阪商人」じゃなくても知りたい「大阪締め」

2012/4/22

船渡御は神体や神霊を船に乗せて川や海を渡す神事だ。「神聖なことと関係があるに違いない」とにらみ、生国魂神社(大阪市天王寺区)、通称「いくたまさん」を訪ねた。

■生国魂神社の手締めが発祥

神主の中村文隆さんが快く応じてくれた。「実は大阪締めの発祥は生国魂神社の例祭で用いられていた手締め。これの短縮バージョンが、天神祭を通じて、今の『大阪締め』になったと言われています」

生国魂神社に伝わる手締めでは前述の大阪締めに続きがある。「いおうてさんどぉ」の手拍子は「パン、パン、パン」。その後「めでたいなぁ」「パン、パン」「本決まりぃ」「パン、パン」と続く。全部で節が5つなのだ。「川の流れが速く、船がすれ違う時間内に間に合わないので3つに減ったのではないかと言われています」と中村さん。

江戸時代になるとビジネスの場にも広がった。船場や堂島などの“大阪商人”は商談成立を祝って「ここらで手ぇうちましょか」と言って手締めをしていたようだ。契約を文書に残す習慣が普及していなかった時代。北回り船などの航路に乗って人の口から口へ、北は北海道、南は九州まで伝わった。今でも大阪締めと拍子のよく似た手締めが残る地域があるという。

■大阪証券取引所が復活させる

とはいえ、大阪締めが以前ほど頻繁に見られなくなっていることを、上方落語協会の小山暁生事務局長は残念がる。司会などで呼ばれた落語家はパーティーや宴席で必ず大阪締めをするが「事前に練習してもだいたい拍子のタイミングがずれてしまう」。伝統を守り伝え、威勢の良い掛け声で関西の証券業界を盛り上げようと、大阪証券取引所は2001年、新年祝賀会で恒例だった三本締めをやめ、大阪締めを復活させた。

「過去を大切にすることが大阪の未来の発展につながるのでは」と中村さんは話す。様々に変遷しながら、何百年も受け継がれてきた大阪締めを廃れさせてしまう理由はない。もっと手軽に楽しむ機会は見つかるはずだ。さて、私も今回の取材を無事に終えたところで、お手を拝借。「打ちまぁーしょ」……。

(大阪経済部 根本舞)

[日本経済新聞大阪夕刊いまドキ関西2012年4月18日付]

旅行・レジャー 新着記事

ALL CHANNEL