旅行・レジャー

耳寄りな話題

「大阪商人」じゃなくても知りたい「大阪締め」

2012/4/22

春本番となり、歓送迎会やお花見などの機会が増えた。関東出身の記者が気になっていたのが、宴席の中締めなどで耳にする独特の手締め。いつも聞いていた一本締めや三本締めと違い、独特の掛け声が覚えにくい。聞くと「大阪締め」という大阪ならではの手締めらしい。
宴会の最後に「大阪締め」。三本締めに比べ、セリフが多い(大阪市中央区)

大阪のオフィス街の中心地、北浜。土佐堀川沿いのおしゃれな店では、夜が更けるとほろ酔い気分の人たちがテラスに集まってくる。「せっかくだから、あれ、やりましょか」。皆で円陣を組み、手を掲げた。「打ちまぁーしょ」……。独特の口上と手拍子が夜空に響く。

■天神祭では行き交う船が手拍子送り合う

さっそく「大阪検定」を運営する大阪商工会議所に問い合わせてみた。「一番多く大阪締めに接する機会があるのは天神祭です」と話すのは地域振興部の中野亮一部長。大阪天満宮(大阪市北区)の天神祭は日本三大祭りの1つで、約120万人もの観光客が訪れる。川面に約100隻の船を浮かべる祭りの目玉「船渡御(ふなとぎょ)」で行き交う船が互いに手拍子を送り合う光景を見たことがある。

まず手を掲げ、手拍子の準備。「打ちまぁーしょ」の掛け声とともに「パン、パン」と2回手を打つ。次に「もひとつせぇ」で「パン、パン」。最後に「いおう(祝う)てさんど(三度)ぉ」の掛け声に「パパン、パン」と打ち返す。これまで関東で聞いたことのある「いよーっ、パン」や、「パパパン、パパパン、パパパン、パン」を3回繰り返す三本締めに比べ、セリフが多いのが特徴だ。

旅行・レジャー 新着記事

ALL CHANNEL