旅行・レジャー

京都ここだけの話

学生に学ぶ、京都をお得に楽しむ技 宴会・料理・博物館……

2012/4/12

■カップルは「拝観料割引」の寺院も

京都の三大祭りはアルバイトの学生たちにも支えられている(時代祭)

太郎 そういえば京都ではいたるところで学生を見かけますね。先日食事をした祇園の料亭でも、接客係はアルバイトの学生でした。まかない料理が充実していそうで、学生時代に深夜のコンビニでバイトしていた私にはうらやましい話です。

京子 面白いアルバイトが色々ありますよ。例えば1日限定の「祭りのバイト」。神社などの祭りの行列に参加すると数千円のバイト代とお弁当がもらえるんです。祇園祭、時代祭、葵祭と京都の三大祭りすべてに参加した猛者もいるとか。

部長 巫女(みこ)さんのバイトは聞いたことがあるが、祭りのバイトは初耳だ。たしかに、時代祭は行列が2000人にもなるからエキストラがいないと大変だろうなあ。

太郎 京都の伝統行事と日常生活が結びついている感じですね。バイトに限らず、観光名所として知られるお寺や神社にいつでも行ける京都の学生は幸せだと思います。

京子 うーん、それは意外と実感されていない気がします。京都に長年住んでいて、清水寺や金閣寺に行ったことがないという学生は多いですよ。いつでも行けると思っているうちに卒業してしまうのかも。

部長 青蓮院や妙心寺退蔵院では、地元の学生カップル向けに拝観料を半額にする取り組みを始めている。せっかく京都にいるんだから、在学中に歴史や文化にふれてほしいものだな。

旅行・レジャー 新着記事

ALL CHANNEL