歴史から消えた「東京球場」 伝統の一戦は江東区から

東京・荒川の東京スタジアムは「光の球場」と呼ばれていた(財団法人 野球体育博物館蔵)

球春到来。東京では3月30日、東京ドームでプロ野球の開幕戦が行われる。現在、東京と名のつく球場は東京ドームだけだが、かつては4カ所にあった。荒川、三鷹、上井草、東陽町。歴史を彩る野球場の跡地を歩き、痕跡を探ってみた。

下町の「光の球場」、金メダリストのプールに

昭和のにおいを残す町、南千住。駅から住宅街を10分ほど歩くと、「荒川総合スポーツセンター」が見えてくる。水泳の北島康介選手が子供のころ泳いでいたことで知られるプールがある、複合スポーツ施設だ。

建物の中に入ると、受付の横に野球のサインボールがあった。土橋正幸、山内一弘、有藤道世(通世)……。往年のスターの名前がずらり。実はこの場所にはかつて「東京スタジアム」という名の野球場があったのだ。「東京球場」とも呼ばれていた。

「日暮里駅から常磐線に乗ると、夜空にぽっかり球場が浮かび上がってきて、それは幻想的な光景でした」。元近鉄バファローズ応援団長で「昭和プロ野球を彩った『球場』物語」などの著書がある佐野正幸さんが思い出を語る。1960年代半ば、下町のカクテル光線は異彩を放っていた。「光の球場」。いつしかそう呼ばれるようになった。

1962年(昭和37年)、東京スタジアムは毎日大映オリオンズ(略称は大毎オリオンズ)の本拠地として誕生した。大毎はのちに東京オリオンズ→ロッテオリオンズと名前を変え、現在の千葉ロッテマリーンズへとつながる球団だ。

球場建設を推進したのは映画界の重鎮、大映の永田雅一社長。剛腕で知られた永田氏の力は絶大で、球場開きの日にはパ・リーグ6球団の選手を参加させたという。開場式は午後4時からで「後楽園で試合があった東映や西鉄は練習もできなかったのではないか」と佐野さんは笑う。

東京スタジアム跡地にある荒川総合スポーツセンター。北島康介選手が子供時代泳いでいたプールがある

佐野さんによると、東京スタジアムは当時としては画期的なスタジアムだった。内野には日本で初めて天然芝を敷き、水まきは自動。外野フェンスにはラバーを張り、バリアフリーの誘導路まであった。下町の雰囲気漂う庶民的な球場でありながらも、設備は後楽園よりも整っていたという。ただし外野のふくらみがなく、ホームラン量産球場とも呼ばれた。

エンタメ!連載記事一覧