平幹二朗主演「王女メディア」最後のメディアに大輪の華

能や歌舞伎など伝統芸能の世界で、“一世一代”の舞台という言い方がある。これまでの経験、演技術を一瞬に凝縮し全身全霊傾けて舞台を勤める。いわば、その演目の舞台納め。78歳の平幹二朗が演じているギリシャ悲劇「王女メディア」(幹の会+リリック プロデュース)は、この“一世一代”の舞台に相当する。女としての性と母性の間に切り裂かれるメディアの心理的葛藤を細密に、深く、輪郭もくっきりと演じて水準の高い舞台になっている。

初演は34年前の1978年2月の日生劇場。演出は今や世界のニナガワと呼ばれる蜷川幸雄で、最後の場面、メディアが龍車に乗って国を去るところでクレーン車を使うなど野外公演を想定した大がかりなスペクタクルだった。83年にイタリア、ギリシャで公演したのを皮切りに、その後もギリシャ、イタリア、フランス、英国などを回り海外でも高い評価を得た。98年に世田谷パブリックシアターで12年ぶりに再演、99年の福岡公演まで演じ、演(や)り残したものはないはずだった。

しかし、王女メディアは平の「心に居すわり、何かを分泌し続け、さようならが言えなかった」。こうして78歳で、新しい演出(高瀬久男演出)、スタッフ、コロス(歌唱隊)を擁し最後のメディアに挑むことになった。「(野外劇場のように)演じるエネルギーは制御弁を全開にしたまま、放出しっ放しという状態ではなく、劇場空間の芝居に戻り、セリフを大事にしたやり方でやってみたい」というのが今回の上演の趣旨だ。

作品は、ギリシャ悲劇の三大作家の一人、エウリーピデースの代表作。詩人の高橋睦郎が翻訳台本(ここでは修辞と呼んでいる)を担当し、いわゆる口語体ではない。出演俳優は皆、男性だ。話の粗筋を言うと、メディアは黒海沿岸の国コルキスの王女だった。ギリシャのイオルコスから金羊毛を手に入れるためにやってきたイアソン(城全能成)と恋に落ち、力を貸す。こうしてメディアは父や家族、故郷を棄(す)て、イアソンとコリントスへ逃れた。

しかし、イアソンは自分の保身のためコリントスの国王クレオン(三浦浩一)の娘を妻に迎えることを決める。クレオンはメディアと2人の息子に国を出て行くように命令を下した。夫の裏切りに対し、燃え上がる憎悪。夫への復讐(ふくしゅう)のため、クレオンの娘に罠(わな)を仕掛けると共に、自分の子供を殺し、国を去る決心をするのだった。