三原「修→脩」 名監督の改名は筋書きのないドラマ

プロ野球の監督として巨人、西鉄、大洋と史上初めて3球団で優勝を経験し、1960年の大洋では前年の最下位チームを日本一へと導く球史唯一の快挙を遂げた「魔術師」こと三原脩(1911~84)。輝かしい球歴はもちろん、「野球は筋書きのないドラマである」といった名言でも知られています。その一方で、51年に「おさむ」の字を「修→脩」と改めている事実はあまり語られていません。不世出の名将が、脩の字に込めた決意とは――。

「修」と「脩」は別字

1951年、三原(左)は修から脩へと改名した(57年の西鉄監督時代、右は大下弘外野手)=西日本鉄道提供

「脩」と「修」は形が似ているだけで、全く別の字。「富」「冨」のような異体字関係か、「灯」「燈」のような新字体・旧字体の関係との誤解も少なくありません。そもそも脩を「おさむ(おさめる)」と読むこと自体、修との混用から始まっているぐらい紛らわしいのです。脩は攸(細長い)+月(にくづき)で、本来は「細長く引き裂いた干し肉」という意味。修は攸+彡(飾り)から「でこぼこしたものを、細く長く水を注いだり飾りをつけたりして形を整える」が原義で、転じて「物や文章を形良くする」「人格を立派にする」といった「修める」の意味が生まれました。成り立ちは異なる2字ですが、攸に由来する音が同じため後に通用されるようになります。何せ1世紀末ごろに成立した、現存する中国最古の漢字字書「説文解字」には既に脩の「おさめる」の意味が掲載されているほどです。

「監督『修』業」からの決別?

修を脩に変えたところで、詰まるところ「おさめる」意味は一緒。それでも、三原には名前を変えずにはいられない特別な理由があったのです。自叙伝「風雲の軌跡」(83年)など複数ある自著でも触れられなかった改名の動機を、長男の博さん(78)が明かしてくれました。「監督として『習っておさめる』立場から、『上からおさめる』立場になりたかったのではないか」。話をまとめると「修の字ではまだまだ『修学』中のようだし、いつまでも『修業』する身でもあるまい。そうではなく、もっと大局的な視点から『おさめる』監督にならなければいけない」。「修学」「修業」といった発展途上を表す熟語のイメージとの決別と、より高次の立場から「おさめたい」という願いを脩の字に託したようなのです。

(写真右)1934年の日米野球の際に、日本代表の選手団がサインした寄せ書きは三原「修」。左には後に巨人でプロ野球の三冠王第1号となる中島治康の名前も見える (写真左)後の三原が座右の銘とした「日々新(あらた)なり」を書き込んだ色紙は三原「脩」となっている

巨人での排斥事件が伏線に

戦火をくぐり抜けた三原は46年に復員。当座は読売新聞で運動記者を務めたものの、巨人(の前身)で現行の日本プロ野球におけるプロ契約第1号となったスター選手でもあり、球団が放っておくわけがありません。47年途中から監督としてのキャリアをスタートさせると、同年5位のチームを立て直して48年に2位、49年には戦後初の優勝と着実に成績を上げ、早くも手腕を発揮します。

順風満帆に見えた監督生活も、49年に終生のライバルである水原茂(1909~82)が抑留されていたシベリアから帰国、巨人へ復帰したことで運命が変わります。三原と水原は同じ香川県出身であるばかりか、それぞれ(旧制)高松中・高松商、早大・慶大とライバル校で過ごした因縁の間柄。チーム内では水原派がにわかに台頭、「水原監督」が実現しなければ集団脱退するといった動きが表面化するに至ります。三原は選手引き留めのため自ら身を引く決意を固めますが、その年の優勝監督の交代劇は異例の出来事。「もし自分がもっとチームをうまく『おさめる』ことができていれば、排斥運動も起こらなかった」との気持ちを抱いたのは想像に難くありません。この蹉跌(さてつ)が改名の伏線となりました。

注目記事
次のページ
「脩」に込めた巨人打倒
今こそ始める学び特集