エンタメ!

裏読みWAVE

赤ちゃんの名前に異変、トレンドが映す世相 編集委員 小林明

2012/1/6

最近の子どもの名前で人気が高いのは何か? さらに、そこからどんな傾向が読み取れるのか?

■男子は「翔」「陽」、女子は「愛」「結」が増加

2011年に生まれた子どもの名前の人気ランキング(男女、明治安田生命保険調べ)によると、男子では「翔」「陽」など明るい未来に飛び立つというイメージの漢字が、また女子では「愛」「結」など人間や社会との結び付きやきずなを示す漢字が大きく増えている実態が明らかになった。

表1は男女に人気の名前トップ10である。

内訳を見ると、男子では首位が大翔(ひろと)・蓮(れん)、3位が颯太(そうた)、女子では首位が陽菜(ひな)・結愛(ゆあ)、3位が結衣(ゆい)がそれぞれ上位3位に入った。

大翔は前年に続く首位だが、蓮は前年の19位から、颯太は前年の4位から、陽菜・結愛は前年の2位から、結衣は前年の7位から、それぞれ順位を上げた格好だ。

トップ10で名前に使われている漢字を見ると、男子では「翔」「陽」、女子では「愛」「結」が多い。トップ10の名前のうち、男子では「翔」が3つ(大翔、陽翔、海翔)、「陽」が1つ(陽翔)、女子では「愛」が3つ(結愛、心愛、愛菜)、「結」が3つ(結愛、結衣、結菜)、「陽」が1つ(陽菜)使われている。これらは特に2011年になってから目立つようになった。

どうして、こうした傾向が出たのだろうか?

エンタメ! 新着記事

ALL CHANNEL