最初の近代競馬は江戸時代

昭和初期の目黒競馬場(馬の博物館所蔵)

日本に西洋式の競馬が持ち込まれたのは江戸時代、開港直後の横浜だった。

馬の博物館の日高嘉継・主任学芸員によると、開港翌年の1860年に横浜・元町あたりで行われた、との日記が残っているという。詳細な記録があるのは1862年からで、現在の中華街のあたりで行われていたらしい。コース1周が1200メートルだった、と記されている。当時は空き地を使っていた。

初めての本格的な競馬場は1866年、横浜・根岸に造られた。当初は居留地に近い場所に建設する予定だったが、江戸幕府と競馬場建設に関する覚書を締結した直後に生麦事件が発生。街道を行く英国人が襲われるという事件を憂慮した幕府が再交渉した結果、街道から離れた根岸が用地に選ばれた。

日本人初勝利は「ミカン号」、馬主は西郷従道

明治になると、日本人も参加するようになる。日本人として最初に馬主になったのは、西郷従道(つぐみち)。西郷隆盛の弟だ。1875年(明治8年)に4頭の馬を登録し、そのうち「ミカン号」と名付けた1頭が日本人馬主初の勝利をもたらす。11頭が参加したレースでの快挙だった。

競馬が始まったのは関東にとどまらない。1868年(明治元年)には神戸で外国人による競馬が始まり、1872年(明治5年)には札幌の札幌神社(現・北海道神宮)、1875年(明治8年)には函館招魂社(現・函館護国神社)でも行われている。

目黒競馬場跡には馬のモニュメントがある

「明治時代前半の競馬は、鹿鳴館と並ぶ欧化政策の柱だった」。馬の博物館の日高主任学芸員はこう指摘する。「不平等条約の改正を目指した社交の場として、競馬場が使われた」という。

1879年(明治12年)に設立された「共同競馬会社」の顔ぶれが、国家事業としての競馬の側面を物語る。立川健治著『文明開化に馬券は舞う』によると、社長は小松宮彰仁親王、副社長は元長州藩主の毛利元徳で、幹事には伊藤博文、西郷従道、松方正義、岩崎弥之助らが名を連ねる。三井家総領家当主の三井八郎右衛門も会計長として参加した。会社の会員数は606人と、鹿鳴館内に設立された東京倶楽部の270人をはるかにしのぐ。当時日本最大の社交団体だった。

競馬は鹿鳴館と並ぶ国家事業、天皇賞のルーツは明治時代に

招魂社競馬は兵部省が主催し、1875年からは皇居内の吹上御苑でも行われた。戸山競馬は、第18代米国大統領のグラント将軍来日にあわせた歓迎の競馬を陸軍戸山学校の敷地内で催したのがきっかけだ。

1880年(明治13年)には横浜で「The Mikado's Vase Race」が行われ、明治天皇から商品が下賜された。これが天皇賞のルーツといわれている。明治天皇の臨場は頻繁で、国を挙げて競馬を行っていた様子が垣間見える。天皇の行幸は不平等条約が改正される1899年(明治32年)まで続いた。

府中市にある東京競馬場

ちなみに当時走っていた馬は、日本在来の馬と外国人が母国から連れてきた馬、中国産の馬が混在していた。馬の博物館の日高主任学芸員によると、日本の馬は「足が短く体格的に不利なうえ、気性が荒くて真っすぐ走れないこともあった」といい、「一緒に走る馬の顔ぶれを見て、レース直前に参加を取りやめる馬も目立ち、1頭だけでレースを行うこともあった」。

次のページ
馬券で有り金はたいた西郷従道と黒田清隆
エンタメ!連載記事一覧