N
くらし&ハウス
暮らしの知恵

2011/12/15

暮らしの知恵

足首には「冷やさないツボ」も

スケーターが挙げた「首」と名のつくところを冷やさないのも◎。「足首」には冷やさないツボがある。「オフィスで寒いならひざ掛けより、レッグウオーマーの方が効果的」と南雲さん。ブーツ、流行のモコモコブーツが最適というが、さすがにオフィスにモコモコブーツは履いていけない。ちなみに医療用のむくみ防止タイツというのがあり、これをはけばブーツを15時間連続着用しても、むくみはさほど気にならなかった。

残りの2つ「首」「手首」は要注意。背中は汗をかきやすいので、タートルネックより、マフラー、ストールが適している場合もある。安藤選手が言うように、手袋はすぐ温まる分、指先が汗をかく。こまめな着脱は欠かせない。

「首」3カ所以上に南雲さんが温めてほしいというのが、おなかだ。「骨盤内の臓器を守るため。日ごろから、ズボンの下に1枚はいておいた方がいい」。ナマ足は論外、スカートに薄いタイツでもやや心もとない。

スケーターたちは無意識に、おなかも温めていた。長光コーチの言う「もう1つの肌」も、安藤選手のタイツもそう。太田さんも「寒いところでは肌を少しでも出さない」と言っていた。下半身は着こんでも、上半身が薄着なら汗はかかないし、寒くない。正しく着こむうちに体温も上がり、足先の冷えもさほど感じなくなる。完全武装の長光さんもスケート靴の中はタイツ1枚だった。

ウオーキング、スクワットなどの運動、体を温める食事、足湯……、冷え性改善に挙げられる策だが、正直、面倒な人も多いはず。まずは、「下半身は仕込んで、上半身はタマネギ状に着こむ」から始めてみてはどうでしょう?

子どもの冷え性に注意
 南雲院長が今、気にかけるのが「子どもの冷え性」。生まれた時からエアコンのある環境、習い事などで忙しいからだ。「ひどいと起立性調節障害になり、朝起きられない子もいる」という。
 成長して女子中高生になると、制服は冬でもスカート。校則でタイツやストッキングを禁止している学校もある。「下に1枚はくだけで違うのに」。生理痛などを訴える子は増えている。
 そこで活躍するのが、昔ながらの毛糸のパンツだが、今も昔も恥ずかしい。女子中高生を説得するのは無理に近い。「若いうちはファッションは我慢ですからね」。そんな安藤選手も今は防寒バッチリ。それでフィギュア界屈指の“おしゃれ女王”にも君臨している。

(電子報道部 原真子)

注目記事