N
くらし&ハウス
暮らしの知恵

フィギュア選手に聞く「鉄壁防寒術」

2011/12/15

暮らしの知恵

今年もようやく冬本番、寒さが身にこたえるようになってきた。今年は節電モードで、オフィスでもひざ掛けをしたり、「体が冷えて仕方ない」と言う女性も少なくないはず。一年中“氷の世界”にいる、フィギュアスケーターたちに防寒対策を聞いた。

「日本最寒リンク」と、関係者の間でいわれているのが、バンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔選手が拠点とする「関大アイスアリーナ」。11月のある日、室温は5~6度、氷上は2~3度の寒さだった。風がないので屋外より過ごしやすいが、スタンドに30分も座っていると冷える。

カギは首、手首、足首の防寒

「ネックウオーマーと手首まである手袋はマスト。首と手を冷やさないことが大切。冷えると体が動かない」というのは高橋選手。冷えた体で動くとケガのもと。この日は肌に近い方から順に、長袖Tシャツ、半袖Tシャツ、ナイロンベスト(たまにダウンベスト)、ナイロンの長袖ジャケットに、黒のパンツをはいていた。「下にタイツをはく人もいるけれど、僕は動きづらく感じるのではかない」。動いて体が温まると長袖ジャケットは脱ぎ、靴を調整して体が冷えるとすぐまた、着ていた。

女子はおしゃれも勝負のうち。普段の練習は長袖でも、試合前の公式練習はタンクトップ姿も少なくない。男子より薄着だが、「首って呼ばれる部分を冷やさなければ、薄着でも大丈夫」と、2003年世界ジュニア女王で04年四大陸選手権女王のプロスケーター、太田由希奈さん。高橋選手の言う「首」「手首」に加え、「足首」も防寒する。

太田さんの場合、マフラー、アームウオーマー(親指にひっかけ、二の腕の辺りまでカバーするもの)、レッグウオーマーを着用、発熱保温作用のある下着を着て、全体的には薄着にしているという。

「冷えないためには、汗をかかないことが大切」と太田さん。おなかや腰にカイロを貼ると温まるのだが、「汗をかくとかえって冷えるので使わない」という。

世界女王の安藤美姫選手は「基本的にウオーミングアップですぐ温まるから、あまり着込まない」。安藤選手はタンクトップ姿が多い。そんな安藤選手も欠かさないのが手袋だ。「手袋をしていると、すぐ体が温まる。逆に指先が冷えると全身が冷えてくる」

ウオーミングアップ中はジャージーを着る浅田選手も(左)、体が温まるとシースルーの可愛いウエアに
注目記事
次のページ
タートルのすそはタイツの中へ