エンタメ!

裏読みWAVE

イヌ派VSネコ派 多いのはどっち?  編集委員 小林明

2011/11/25

従順で人なつっこく足元にじゃれついてくるイヌ、ツンとすましているけれどなぜか憎めないネコ――。人間の好みはイヌ派とネコ派に大きく分類できるそうだ。では、世の中にはイヌ派とネコ派のどちらが多いのだろうか? そんな疑問から取材を始めると、世相やライフスタイルの興味深い変遷が浮かび上がってきた。

■世帯数ではイヌ派が圧倒的に多いが…

表1は一般社団法人ペットフード協会が2010年10月に調査した統計結果(推計)である。イヌを飼っている世帯をイヌ派、ネコを飼っている世帯をネコ派と定義すると、イヌ派の方がネコ派の2倍近くもいることが分かる。

全世帯約5280万世帯に対する飼育世帯の割合(飼育率)を比べた場合、イヌが17.8%でネコの10.6%のほぼ2倍に近い水準。統計で見る限り、イヌ派の方がネコ派よりも圧倒的に多数派なのだ。

ところが、飼育頭数自体をみると、イヌが約1186万頭でネコの約961万頭とさほど変わらない。この“矛盾”は「飼育世帯あたりの平均飼育頭数」で説明できる。平均飼育頭数ではイヌが1.26頭、ネコが1.72頭。ネコの方が圧倒的に多い。やはり、エサやりや散歩、しつけなどの世話でイヌの方がネコよりも大変なことが影響しているためと考えられる。

イヌを飼う家は全体の2割、ネコを飼う家は1割。イヌは1頭で、ネコは2頭で飼われている――。これがイヌ派、ネコ派の実態なのだ。

■人間の「子ども」よりも多数派

いずれにしても、少子高齢化を背景に、国内の子ども(15歳未満)の推計人口は約1693万人(総務省、2011年4月)まで減少しており、ペットとして飼われているイヌとネコを合わせた数よりもずっと少ない計算になる。その分、「家族の一員」としてのペットの存在感が増しているというわけだ。

では、イヌ派やネコ派は過去に比べて増えているのだろうか? それとも減っているのだろうか?

エンタメ! 新着記事

ALL CHANNEL