日本でブームの「辞書引き学習」が海外進出仕掛け人の中部大・深谷圭助准教授に聞く

小学生向け学習国語辞典の売れ行きが好調だ。少子化、出版不況が叫ばれ、電子辞書が普及しても、紙の辞典の元気がいい。この“辞書ブーム”のきっかけとなった「辞書引き学習法」の開発・提唱者である中部大の深谷圭助・准教授に、辞書の魅力や海外での共同研究などについて聞いた。

2006年に出版された深谷氏の著書「7歳から『辞書』を引いて頭をきたえる」(すばる舎)が話題になって以降、学習辞典の販売が急増。出版各社では今春の新学習指導要領の実施にあわせ、新版や改訂版を相次ぎ発行した。5年間で辞書はどう変わったのか。

「子供目線での改訂がなされるようになってきました。国語辞典なのだけれども国語以外の教科でも使うということで、一般的な語釈だけでなく、その教科ではどんな意味づけをしているかということまで意識しているものもあります。辞書といえば『言葉』『意味』『例文』なのですが、子供にもう少し調べてみたいと思わせたり、他の言葉につながっていくような解説をしたりするようになってきました。辞書は権威的であり、言葉の定義を高いところから与えるイメージがありましたが、ずいぶんとユーザーを意識した作り方になってきたと思います」

懐深い万能の教材

出版社や書店などが主催する「辞書引き学習」の体験会や講演会で日本全国を駆け巡る。知っている語を辞書で引かせ付箋を貼っていく学習法は、調べた成果を見えるようにし子供たちに自信と達成感を与える。

「学習の第一歩は、自分の知っている言葉を辞書で探すことです。見つけたら言葉と意味を読み、次に番号と調べた言葉を付箋に書いてページに貼って、これを繰り返します。どの地域の子供でも、知っている言葉がたくさんあるとうれしいし、新しい言葉の意味が分かるとうれしくなります。ただ、それぞれ関心のある言葉は違いますので、そういう意味で辞書は教材として懐の深さがあり、子供たちを広くサポートできるといえます。万能の教材といってもいいでしょう。付箋が増えることで、自分でこれだけ調べたんだという自信が生まれ、学習が楽しくなってきます」

全国で「辞書引き学習」を実践している小学校は700~800校あるといわれるものの、まだまだ少ないと感じている。深谷氏は小学1年生から辞書を引くことを推奨しているが、学習指導要領で辞書の引き方を教えるのは小学3年生からとなっており、これが普及の「壁」となっているようだ。

「辞書を引くことで学ぶ力を育てるには、国語の授業で決められたような教え方では無理です。言葉の教育をする上で辞書を使うことは有効なのだけれども、無味乾燥に辞書の使い方を教えるだけで終わっている。教科書をそのままやるとか教科書が厚くなったからといって、子供の学力がつくわけではありません。知らない言葉の意味を調べるために辞書を引くのではなく、身近な場所に常に辞書を置き、とにかく暇があったら引くとか、知っている単語から引かせるとか、楽しみながら辞書で調べる習慣をつけていくことが大切です。遊ぶ感覚を勉強につなげると学習効果が上がり、自分から学ぼうという気持ちが生まれます。学習指導要領が教育現場でもっと柔軟に運用できるようになればいいのですが」