一見さんお断り、突破するには…京都ここだけの話(3)

王道は紹介 熱意で勝負も

一見さんお断りの店の外にはメニューがない

太郎 ということは、店に紹介してくれる旦那さんをまず探さないといけないのか。

京子 一見さんお断りに連れて行ってもらうため知り合いになるんですか?狙いがバレたら恥ずかしいですよ。

部長 でも、行きたい店に出入りしている知人がいるかどうか、自分の知り合いに当たってみるのはたしかに一番の早道だぞ。京都や大阪にいる知人に、恥ずかしがらずにお願いするのがいいだろう。



外にメニュー表が置かれていれば一見さんもOK

京子 しかし、そんな人頼みの方法だけでは、この電子版の記事は成立しませんよ。愛読者に見放されてしまいます。

部長 うむ、いい心がけだ。じゃあ、ある東証1部上場企業の経営者の成功例を紹介しよう。彼はずっと気になっていた料理屋に入ろうと門をたたいたが、当然のように断られた。数日後に「もう一見さんではありませんよね」と再訪してもやっぱりダメ。その後、身分を明かして「もう一度来ますので、その際に使わせてください」とお願いしたところ、ようやく入ることができた。

京子 熱意があれば通じるお店もある、ってことか。一見さんお断りの店には一流どころが多いから、試してみる価値はありそうですね。

部長 熱意を見せ続けるのはカッコ悪い、苦手だという人にはおすすめできないがな。

注目記事
次のページ
「抜け道」は意外なところに
今こそ始める学び特集