N
ライフコラム
ことばオンライン

2011/8/9

ことばオンライン

また、今回甲子園に出場している日大三など「ナンバースクール」4校は特別付属高校に分類されます。かつては日大の付属でしたが終戦直後に分離され、現在は日大と特別・準付属校契約をしている高校を指します。日大三の場合、学校法人日本大学第三学園が、日大一、日大二もそれぞれ別の法人が運営。もともと日大の付属で、その後分離独立した学校が「特別付属」というわけです。日大三は昨秋の明治神宮大会で優勝、春の選抜でも4強に入り、今大会の優勝候補でもあります。

付属病院名にも違い

一見ばらばらのような付属高校名には、一定のルールがあることが分かり、納得できました。ところで、駿河台日本大学病院、日本大学板橋病院、日本大学練馬光が丘病院といった付属病院名にもばらつきが見られます。高校と同じ区分でもあるのでしょうか。

日大に問い合わせたところ高校のような分類はなく、駿河台病院だけ「日大」が後にくるのは、東京都へ届け出た医療機関名による違いだけだということでした。学内では「○○病院」と呼んでいるため、大学名の前後はほとんど関係ないそうです。

「この名前は順序が逆じゃなかったか?」。新聞記事の校閲をしていると合併した企業の名前などについて疑問に思うことがたびたびあります。固有名詞を正しく表記するには資料などできちんと確認することが大事ですが、このような「知識」も必要になってきます。

(小林肇)

注目記事