ニッポンの社長、多い名前と出身地は?編集委員 小林明

続いて名字についての分析。

都道府県別にまとめた社長に多い名字・名前ランキング(表5)によると、「佐藤」「鈴木」は東日本に多く、「田中」「山本」は西日本に多い――という勢力分布が浮かび上がる。大まかに言うと、北海道、東北は「佐藤」、関東、東海は「鈴木」、北陸、関西から西は「田中」「山本」の牙城になっているのだ。

なぜだろうか?

実は、これには意外な歴史が関係している。

「佐藤」――藤原氏の末裔(まつえい)が下級官僚として東日本に赴任・居住する際、よく名乗ったのが「佐藤」という名字だった。だから東日本には「佐藤」が多い。

「鈴木」――紀伊半島の熊野がルーツの「鈴木」は三河の鈴木一族として栄え、徳川家康が江戸に拠点を定めると、家臣の鈴木一族もこれに従い、大挙して移り住んだ。だから東海地方から関東地方にかけては「鈴木」が多い。

「田中」「山本」――それぞれ田んぼの中、山の麓(ふもと)という意味の地名姓。どちらも稲作の田園風景の象徴であり、ともに温暖な気候に恵まれた西日本の方に圧倒的に多かったと考えられている。

このようにして、名字の不思議な勢力分布が生まれたというわけ。

表5を見ると、東日本と西日本の境界が、東西の交通を断ち切っていた北アルプス(新潟・富山県境など)や関ケ原(岐阜県)のあたりにあることも分かる。そんな歴史の痕跡も読み取れるのだ。

(→下記の「名字の不思議な勢力分布、都道府県別ランキング」参照)

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
エンタメ!連載記事一覧