モレッティの洞察力、ダルデンヌ兄弟の純粋さカンヌ映画祭リポート2011(6)

コンペ部門は前半からパルムドール受賞経験のある巨匠の作品が相次いで登場した。いずれも上質の作品で、うるさ型がそろうプレス向け上映でも終了後に敬意を込めた拍手がわき起こった。

「ハベムス・パパム」のミシェル・ピコリ(右)とナンニ・モレッティ

まず13日に公式上映されたのがイタリアのナンニ・モレッティ監督の「ハベムス・パパム」。題名は「われわれは法王を得た」という意味で、新しいローマ法王をサンピエトロ大聖堂のバルコニーで発表するときの恒例の第一声である。フランスの名優ミシェル・ピコリが法王を演じ、ベールに包まれたバチカンの世界を大胆に描くという野心作だ。

サンピエトロ広場に集まる数万人の群衆の記録映像を交えた壮麗な冒頭シーン。法王誕生が告げられようとしたとき、事件が起こる。新法王に決まったメルヴィレ枢機卿(ミシェル・ピコリ)が、重圧に耐えられず、悲鳴を上げ、バルコニーに出ることを拒んだのだ。

心を病んだ新法王のために精神分析医(ナンニ・モレッティ自身が演じる)が呼ばれる。しかし、治療しようにも法王は身の上話を禁じられ、名前さえ明かせない。孤独な法王はついに法王庁を逃げ出す。枢機卿たちは事実を隠したたまま収拾策を探る……。

高貴な重要人物が孤独と不安にさいなまれ、治療のために専門家が呼ばれるという筋書きは、日本で公開中の映画「英国王のスピーチ」に似ている。ただ同作が内気な国王とスピーチ矯正家の人間ドラマに焦点を当てるのに対し、モレッティはローマ法王庁という社会の構造そのものに迫りながら、人間としての法王を浮き彫りにしていく。

ある種のタブーともいえる題材なのだが、告発調ではない。どんな社会にもある本音と建前の違いからくる様々なストレスを軽快に切り取り、アイロニーを込めて描き出す。たとえば精神安定剤を飲んでいる枢機卿たちに医者がスポーツを勧め、一緒にバレーボールに興じたり、町に出た法王が百貨店をさまよい、ドーナツをほお張ったり。

カトリック教会の反応は賛否両論だという。01年「息子の部屋」でパルムドールを手にした監督にとって、ベルルスコーニ首相を描いた06年「カイマーノ」(日本未公開)以来の新作だが、さすがモレッティ。機知と洞察力は健在だ。

エンタメ!連載記事一覧
エンタメ!連載記事一覧