WOMAN SMART

3つ星スイーツ

選定委員が伝授 「3つ星スイーツ」流バレンタインの楽しみ方

2011/2/11

色とりどりのチョコレートに心が躍るバレンタインデー

2月14日のバレンタインデーまであと数日。百貨店や洋菓子店には様々なチョコレートが並び、足を運ぶも目移りしてしまう人も多いのではないでしょうか。バレンタインのこの時期には、普段以上に選ぶ楽しみ、味わう楽しみが増えるチョコレートの世界。今回の「今週の3つ星スイーツ」では、「日経スイーツ選定委員会」のメンバーの専門家である下園昌江さんと平岩理緒さんに聞く「バレンタインデーの楽しみ方」を紹介。まだ準備をしていない人も、迷っている人も必見です。

本題に入る前に、まずは平岩理緒さんからの問題。下記のA~Eの5粒のボンボンショコラ(一粒チョコレート)の詰め合わせがあったとき、どの順番で食べるといいでしょうか? 皆さんはどの順番で味わいますか?

A フランボワーズのガナッシュ入りのビターチョコレート

B ミルクチョコレートのプレーンガナッシュ入りミルクチョコレート

C ヘーゼルナッツのプラリネ入りのビターチョコレート

D ビターチョコレートのプレーンガナッシュ入りビターチョコレート

E オレンジ風味のキャラメル入りミルクチョコレート

答えは「B→E→D→A→C」です。

■平岩さんの説明

様々なフレーバーが入ったピエールマルコリーニの「マルコリーニ セレクション」(6個入り)。さて食べる順番は…

「チョコレートのカカオ分の割合にもよりますが、この流れが比較的スタンダードな食べ方の一例です。というのも、先に香りや味の強いものから食べると、後から食べた方の印象が分かりづらくなるためです。カカオ分の低いものから、高いものという流れが基本。ホワイトチョコレート→ミルクチョコレート→スイート(ビター)チョコレートという具合です。なかにフレーバーがついているなど、味に変化がある場合は、プレーンなものを優先するのが一般的です」

「ただ、もちろん好みや気分もあるので、人により、状況により、順番は変わってかまいません。また、一口にガナッシュ、プラリネ、キャラメルといっても、作り手によって、味の強さが異なります。どんな順番で食べようかと考えるのも、チョコレートの楽しみ方の1つです」

1箱に何種類かのチョコレートが入っている詰め合わせ。どれから食べようか迷ったときには、ぜひ参考にしたいものです。ちなみに平岩さんは「チョコレートには温かい紅茶を合わせて食べることが多い」そうですが、仕事で厳密に試食するようなときはやや温かい湯冷ましと合わせるそうです。「ひとつの味ごとに、口の中をお湯で洗い流しながら、リセットするイメージ」とか。さすがプロですね。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
鎌田安里紗 ギャルだった私が「エシカル」を選んだ
日経DUAL
大ヒット文具開発パパ「娘におもろい!を言い続ける
日経ARIA
氷河期世代の44歳 ブラックな働き方と専業主婦の狭
日経doors
社会心理学でズバリ診断 あなたはこんなリーダーに
日経DUAL
岡崎朋美 育児と五輪挑戦を両立したことは私の財産
日経ARIA
山梨の限界集落に移住、家賃2万円の古民家で2拠点生
日経doors
離婚弁護士が教えるブラック彼氏の見極め方&対処法
ALL CHANNEL