意外と簡単「ネット生中継」 あなたもキャスターに

広瀬香美さんはツイッターで受け付けたリクエスト曲をユーストリームの生中継で歌う(東京都千代田区)

事業仕分けや参院選候補者の公開討論会の中継で認知度が上がったインターネットを使った生中継。政治以外にも、音楽や著名人の対談、シンポジウムなど幅広い中継がある。見るだけでなく、パソコンとウェブカメラを使えば、中継も意外に簡単だ。同じ趣味を持つ人と交流したり、関心あるテーマの知識を掘り下げたりするのに活用したい。

「皆さん、どの曲を歌ってほしいですか。つぶやいてくださいね」。歌手の広瀬香美さんがネット生中継「Friday Kohmi」の中で、スタジオから視聴者に対して呼びかけた。配信サイトの「ユーストリーム」を利用し、自らの音楽や人形アニメなどを毎週金曜日夜に紹介している。

ミニブログ「ツイッター」のつぶやきを中継中に読み上げるなど視聴者との交流に積極的だ。広瀬さんは「視聴者が参加することで(テレビやライブとは)違うエンターテインメントを提供できる」と話す。

スタジオを見学していたファンの松下美津代さん(33)は「5月の初回から毎週欠かさず見ている。好きなアーティストの中継にツイッターで参加できるのがうれしい」と話す。

曲の感想を書き込み

ユーストリームは携帯電話などのカメラで撮影した動画をネットを通じて配信できるサイト。6月の国内視聴者数は月間約168万人。中継は広瀬さんのようにアーティスト本人が企画するものだけではない。プロでなくても簡単な機材で中継できるため、熱心なファンがいる音楽ライブ、政治討論など幅広い。シンポジウムや講演会の中継も増えてきた。

東京都内の会社員、竹沢百合さん(27)はユーストリームでDJの音楽中継を週2回楽しむのが最近の習慣だ。サイト画面の横には、同じ中継を同時に見ている人がツイッターに書き込んだつぶやきが連動して流れる。「テレビ番組では取り上げない音楽でも、好きな人みんなで盛り上がれる」と笑顔を見せる。「めっちゃ興奮する」と曲の感想を書き込むこともあるという。

次ページ→「著作権などに配慮を」

次のページ
著作権などに配慮を
MONO TRENDY連載記事一覧