甘みひやひや小豆しっかり水ようかん

夏に食べる機会が多くなる水ようかん(写真は桃林堂の「生水ようかん」)

清涼感あふれる和菓子の水ようかん。食欲が無い暑い日でも、やさしい甘みとみずみずしさにはついつい手が伸びる。「今週の3つ星スイーツ」では、夏に食べる機会が多い水ようかんを特集した。審査会場には水気が多くつるんとした食感のものや、ようかんに近い濃厚な一品まで、様々な水ようかんが並んだ。


今回も専門家らで構成する「日経スイーツ選定委員会」が審査を担当。定番の小豆味の商品を対象に、東京近郊で水ようかんを販売する菓子店から10品を厳選し、食べ比べた。水ようかんは砂糖と小豆のあんを寒天で固めるのが一般的な製法。ようかんに比べて水分を多くして軟らかく作る。使用する素材がシンプルであるだけに、評価しにくく、票はきれいにはまとまらなかった。その中で、最も人気を集めたのは、小豆と水分のバランスが良く、かわいい包装紙に包まれた玉手箱のような一品だった。

★★★(3つ星)=文句なしのおいしさ。スイーツファンならぜひ食べるべき
★★☆(2つ星)=抜きんでている。電車賃を使ってでも買いに行きたい
★☆☆(1つ星)=水準を大きく上回る。遠回りしてでも買いに行きたい
次ページ→「さらりとした口溶けの風味豊かな一品が登場」