エンタメ!

裏読みWAVE

“酒豪”どこに多い? 「全国酒豪マップ」の謎 編集委員 小林明

2010/7/2 日本経済新聞 電子版

 60対35対5――。この数字が何を示すのかご存じだろうか?

 実は、酒豪か下戸かその中間かの比率を示す数字なのだそうだ。つまり、日本人全体の60%が「酒が強い酒豪」、35%が「そこそこ飲めるがあまり酒には強くない中間派」、そして残りの5%が「酒がまったく飲めない下戸」という比率になるという。

 では、この酒豪の比率をさらに都道府県別にまとめてみると、何が分かるのだろうか? 「東北・北海道・九州・四国には酒豪が多く、近畿・中部・中国には少ない」。こんな興味深い“勢力分布図”が浮き上がるのだそうだ。

 〈図(1)〉と〈表(2)〉を見てほしい。近畿地方を中心にそこから東西、南北方向に離れるほど、酒豪の比率が段階的に高くなっている構造がうかがえる。「まるでU字型の谷のようだ」。調査を担当した元筑波大学教授の原田勝二さんはこう表現する。

 通常、飲酒で体内に入ったアルコールは肝臓でアセトアルデヒドに変化し、さらに酢酸に分解される。アセトアルデヒドには強い毒性があり、頭痛や吐き気など悪酔いを引き起こす原因とされる。このアセトアルデヒドを分解する酵素の力はその人の遺伝子の型によって決まるそうだ。つまり、酒に強いか弱いかどうかは、生まれつきの体質で決まるのだという。

 原田さんは、この遺伝子の型を全国5000人以上について調査し、酒に強い酒豪型遺伝子の出現率を都道府県ごとに割り出した。その結果が〈図(1)〉と〈表(2)〉である。最も酒豪が多かったのは秋田(76.7%)で、次いで岩手、鹿児島、福島、埼玉の順で多かった。逆に最も酒豪が少なかったのは三重(39.7%)で、次いで愛知、石川、岐阜、和歌山の順で少なかったという。

 ちなみに東京は19位で出現率は全体のほぼ平均の60.0%。「東京は最も人の出入りが激しいので様々な遺伝子が混じり合い、全体の平均値になったのではないか」と原田さんはみる。

【関連キーワード】

アルコール酒豪下戸

エンタメ!新着記事

ALL CHANNEL