スマホ利用に男女差 検索好きの女性、男性は仕事中心

化粧中もスマホでツイッターをチェックする彩香さん(博報堂DYメディアパートナーズの調査映像より)

東京都に住む会社員、紺野彩香さん(32、仮名)の一日はスマートフォン(スマホ)とともに始まる。朝起きるとすかさず、メールとツイッターの受信履歴をチェック。数百件に及ぶメッセージを指でバシバシとめくり上げ、ものすごい速さで読んでいく。この毎朝の大仕事は、お化粧の最中も続く。彩香さんは、博報堂DYメディアパートナーズによるスマホの利用実態調査に協力、その様子はカメラにも記録された。

通勤で駅まで歩くときは、スマホでお気に入りの音楽を聴きながら、今日の麻布十番の天気をツイッターで発信。「これを見た誰かの役に立てば」と言う。

昼休みには気になるニュースをスマホでチェック。仕事が終わると、ミクシィなどのSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)を見たり書き込んだり。帰宅時には近くに東京タワーが見える。「イベントなどで色が変わるとスマホ内蔵のカメラで撮っておく」。

お風呂でもスマホ

お風呂の最中は透明なビニール袋(ジッパー付き保存袋)に入れ、防水対策をしてスマホを使う。「情報の早いネットが好きで、いつでも触れていたいから」という。

スマートフォンといえば、従来は最先端のガジェット(道具)を好む男性の利用がほとんどだったが、今年に入って女性の比率が急速に高まっている。最も人気のあるiPhone(アイフォーン)を販売するソフトバンクモバイルでは「新規ユーザーに占める女性の割合が5割を超えた」(孫正義社長)。最大手のNTTドコモも新規の3~4割が女性になってきた。

冒頭で紹介した彩香さんはかなりのヘビーユーザーだが、スマホの女性ユーザーには似たような傾向がみられる。2011年の2月と4月にスマホの利用実態を調べた博報堂DYグループによると「女性ではメールや通話、ツイッター、SNSなどコミュニケーションの道具としてスマホを使う人の割合が、男性より10ポイント以上高い」(藤井哲尚プロデューサー)という(図A)。

MONO TRENDY連載記事一覧
次のページ
アプリ起動回数、女性は男性の1.4倍
MONO TRENDY連載記事一覧