グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

食の豆知識

ちょっとお燗、冷やして…温度が変える「いつもの酒」

2016/4/25

PIXTA

 酒を飲むとき、季節を問わず、最初の1杯はキンキンに冷えたビールでないと始まらない方も多いのではないだろうか。

 私の友人は、凍るくらい冷たいビールを流し込むのが大好き。家であればグラスを冷凍庫に入れ熱い風呂に入ってから飲むことを徹底しているし、街の酒場であればジョッキを凍らせている店を把握しておき言葉巧みにその店に同僚を誘い込むのだそう。

冷えたビール

 どうせなら自分の好きなスタイルで飲みたいというその気持ちはよくわかる。

 逆に私は、キンキンに冷えたビールはちょっと苦手。生ビールだとジョッキが凍っていることも多いためあえて瓶ビールを頼み、冷えていないグラスを所望する。

 キンキン派からしたら「ぬるい」ビールなんて言語道断だろうが、その方がおいしく感じるから不思議。さらに「ぬるい」どころかわざわざ温めてホットビールにすることもある。

 元々温かいお酒が好きなのだろう。焼酎やラム、ウイスキーをお湯割にするのも好き。ホットワインも好き。もちろん燗酒は言うに及ばず、だ。

 燗酒といえば、太宰治のエッセイ「酒の追憶」に「お酒は、それは、お燗して、小さい盃でチビチビ飲むものにきまっている」という記述がある。

 それ以外のコップ酒、茶碗酒、まして冷や酒なんぞは少し荒んだ野卑な人物による凄惨な大事件扱い。

 当時の世相は事実そうだったのか、作家が話を盛っているのかわからないが、幸いにして現代は酒器も温度も自由自在。自分がおいしいと思えるやり方を模索するのは、楽しい道だ。

 日本酒ほど、ほんの少しの温度差を楽しめる酒は他に無いといってもいいだろう。

温度差を楽しめる日本酒

 常温=ひや酒の、なんとも素直に落ちていく感じ。

 まるで酒をひなたぼっこさせたくらいのほのかな温かさ「ひなた燗」。

 人肌で温めたような「人肌燗」は、燗酒初心者にもオススメ。

 たった5度くらい温度が上がっただけでこんなにも表情が変わるのかと驚く。

 特に後味がベタついたり、あまり好みではなかったときはぜひ温度を変えてみてほしい。

 冷やでも人肌でも冴えない酒が、50度の熱燗や55度の飛び切り燗くらいまで温度を上げると急に性格が変わることもある。

 もちろん温めるだけでなく、冷やしてみるのも手だ。

 ひなた、人肌も風情があるが冷えた日本酒を表すことばもまた趣きがある。

 15度の涼冷え、10度の花冷え、5度の雪冷え。

 グラスに注いだ途端にみるみる凍るタイプのお酒も流行ったが、あれは何冷えと呼ぶのだろうか。

 温めるのと同様、冷やすことによって発露する個性もあり、本当に日本酒の適温探しは楽しい。

日本酒の世界に激しい変化

 この数年、日本酒の世界は激しい変化を遂げている。

 蔵元の世代交代が進み、オーナー自らが杜氏となり、斬新なアイディアで自分の作りたい酒を次々発表していく様子はビッグバンに例える人もいるほど。若者の間にも日本酒ファンが急増し、若い女性でいっぱいの日本酒専門居酒屋も珍しいものではなくなった。

 特に昔から日本酒が好きだった人にこそ今改めて日本酒に注目していただきたい。10年前と今とでは、味わいも顔ぶれもまったく違う。

 昔は聞いたこともなかったような蔵が、実に渋い酒を醸していたりする。

 ふざけた絵のラベルが、実はあの老舗だったりも。

「流行遅れのダサイ酒」と思っていたあのブランドが、瑞々しく魅力的に生まれ変わっていたりもする。

 そこにはもう感動しかない。

 さあ、酒を楽しもう。

(食ライター じろまるいずみ)

大人のレストランガイド

グルメクラブ新着記事