エンタメ!

何でもランキング

1位「村上海賊の娘」 読書の秋にお薦めの歴史小説

2014/9/14

 読書の秋、この連休はお気に入りの1冊を手に、時空を旅する気分を味わってはいかがだろう。数ある小説のジャンルでも、人気のある「歴史小説」「時代小説」から現役作家の作品でお薦めを専門家に聞いた。

1位 村上海賊の娘 和田竜 485ポイント
 波打つ海に浮かぶ船と船の間を、弓矢やもり、火縄銃、ほうろく玉(爆弾)が飛び交い、海賊が躍動する――。現在の広島県と愛媛県の間の瀬戸内海の島々を拠点とする「村上海賊」の当主の家に生まれた勇猛な女性「景(きょう)」。彼女を主人公に、大活劇が繰り広げられる。織田信長による本願寺の一向宗門徒攻略戦の中で、現在の大阪湾に結集した海賊船同士の逆転に次ぐ逆転の合戦場面は思わず引き込まれる。
 信長を除くと、一般に有名とは言えない登場人物が多い。だが主人公と仲間はもちろんのこと、敵側にいる海賊や武士の心情や立場も細かく描かれ、群像劇としても優れている。歴史ファンならずとも楽しめる。
 合戦の大胆な描写の一方で、「信長公記」など多彩な史料を引用して海戦とその背景の大名たちの勢力情勢などを解説し、一見、荒唐無稽な物語に現実味をもたせた。(1)新潮社(2)上下各1728円
■逆転に次ぐ逆転 合戦シーンに興奮!!
・「海戦を扱った小説は少なく、その代表となるだろう作品。女性の主人公はこびることも愛に溺れることもなく、容赦ない」(母袋幸代さん)
・「出てくる方言に驚いた。よく書き分けたと、感心した」(加来耕三さん)


2位 剣豪将軍義輝 宮本昌孝 300ポイント
 室町幕府末期の将軍、足利義輝の活躍を描く。義輝は剣の達人とされた塚原卜伝の指導を受け、歴代の征夷大将軍の中でも最も武術に精通した人物だったという。初陣で敗戦の辛酸をなめ、その後に剣の奥義を究めようと修行に励み、畿内・阿波の国の戦国大名だった三好長慶と何度も戦を重ねた。
 織田信長ら有力戦国大名の陰に隠れがちだからこそ、義輝の活躍は新鮮だ。彼の遺児を主人公に、本作のその後を描く小説「海王」も刊行されている。(1)徳間書店(2)上710円、中741円、下771円(新装版)
■壮絶な生きざま 涙…そして涙
・「将軍でありつつ1人の剣豪として生きた足利義輝の壮烈な生きざまにただ感涙。最後の圧倒的な迫力に感動」(安本朋幸さん)
・「義輝が剣で研さんを重ね、将軍の風格を備えていく姿が爽快。躍動の戦闘シーンや情感あふれる人間ドラマなど読み応え抜群だ」(辰本清隆さん)


3位 壬生(みぶ)義士伝 浅田次郎 290ポイント
 南部藩を脱藩して新撰組に加わった武士、吉村貫一郎が過酷な運命の中、妻子への愛と義に殉じていく姿を描く。いきなり主人公が切腹を決意する悲壮な場面から物語がひもとかれ、以降は幕末と後世に生き残った新撰組隊士ら関係者への聞き取り場面が交互にあらわれるという凝った構成だ。読み進めるうちに少しずつ、主人公の生きざまや抱いていた思いが浮き彫りになっていく。(1)文芸春秋(2)上下各724円(文庫版)
■愛と義に生きた新撰組隊士
・「幕末に流れていた空気を、新撰組の群像を通して体感できる。主人公の家族を思う切ない生き方は現代人の共感も呼ぶのでは」(田河慶友さん)


4位 蜩ノ記(ひぐらしのき) 葉室麟 205ポイント
 江戸時代、九州の豊後を舞台にした時代小説。主人公の武士、戸田秋谷は無実の罪で10年後の切腹を決められて幽閉される。過酷な運命に負けず、命じられた家譜編さんを黙々と続ける。「蜩ノ記」は主人公が書く日記の名前で、懸命に生きるヒグラシに自らを重ねている。人はどう生きていくかという普遍的なテーマを問いかける。10月4日に映画公開。(1)祥伝社(2)741円(文庫版)
■命の期限にどう向き合うべきか…
・「切腹を命じられつつもまっすぐに生きる主人公が胸を打つ。日本人の原風景だ」(倉田裕子さん)


5位 野望の憑依者(よりまし) 伊東潤 195ポイント
 鎌倉時代末期から南北朝時代、足利家の執事だった高師直(こうのもろなお)の活躍を描く。既存の価値観にとらわれず、粋な服装を好む「婆娑羅(ばさら)」としても名をはせた。冷めた目で敵を徹底的に排除していく野望に満ちた生き方がスリリングだ。(1)徳間書店(2)1782円
■稀代の悪人、見参!
・「注目の歴史作家が、稀代(きだい)の悪人を新解釈で魅力的に描いた」(内田俊明さん)


写真は左から6~10位
6位 光秀の定理(レンマ) 垣根涼介
 敵城に至る道は4つあり、うち3つには伏兵が潜む。2つの道までは伏兵を見極め、残る道は2つ。無人の道を行ける可能性は本当に50%か――。謎めいた問いかけが主題を表す。明智光秀が主人公の戦国物語でありつつ数学の確率論を考えさせる。「新しい光秀像を見せてもらった」(三瓶ひとみさん)(1)KADOKAWA(2)1728円


7位 みをつくし料理帖 高田郁
 江戸の町で、関西の上方料理に腕を振るう澪(みお)は天性の味覚とたゆまぬ努力で料理の道を進む。東西の食文化の違いも学べる。「江戸グルメ小説の傑作。ひたむきな主人公の姿に涙してしまう」(宇佐美亮祐さん)(1)角川春樹事務所(2)596~670円(文庫版、全10巻)


8位 櫛挽道守(くしひきちもり) 木内昇
 幕末、櫛(くし)職人の娘とその家族の喜びと苦難の歴史が展開される。「黒船来航、桜田門外の変、皇女和宮の降嫁といった幕末の動乱を背景に、職人を目指すヒロインや家族を描く」(渡辺淳子さん)(1)集英社(2)1728円


9位 等伯 安部龍太郎
 「松林図屏風」で有名な絵師、長谷川等伯は戦国の争乱や身近な者の死を乗り越え、「天下一の絵師になる」と大望を果たす。(1)日本経済新聞出版社(2)上下各1728円


10位 天地雷動 伊東潤
 「長篠の戦い」を新解釈で描く。武田信玄の死から、その子・勝頼と、対決する信長、秀吉、家康のそれぞれの立場での戦い。(1)KADOKAWA(2)1728円


 表の見方 数値は選者の評価を点数換算した。書籍名、著者名。(1)出版社名(2)税込み価格(出版社の価格表示が税抜きの場合、1.08を乗じて小数点以下を四捨五入)

エンタメ!新着記事