エンタメ!

何でもランキング

食が進む 少し変わったそうめんつゆ、ベスト10

 

2014/8/3

イチビキの「食べる麺つゆ きのこおろしつゆ」
 暑くなってくると、そうめんが食卓に上る回数も増えてくる。「また、そうめん」の声が出る前に、手軽な「変わり種そうめんつゆ」で新しい味を発見してみてはいかがだろう。スーパーに並ぶ具入りで食べ応えのある商品を日経POS情報を基に選び、専門家に試食してもらった。


1位 食べる麺つゆ きのこおろしつゆ(イチビキ) 460ポイント
 ■香りと食感がアクセント 1772年に創業した名古屋市の味噌、たまりしょうゆの醸造メーカーが提供するキノコいっぱいの和風つゆ。ナメコ、シイタケ、マイタケなど5種類のキノコに大根おろしが入っている。「大根おろしのさっぱり感とだしがよくきいている。キノコの香りもよく、しゃきしゃきとした食感がアクセント」(サリーさん)、「和食らしい味わい」(後藤加寿子さん)
 もとはうどん向けに開発された商品というが、そばやそうめん、スパゲティにも合う。写真のようにシソなどを加えると色味もよくなり、食欲をそそる一皿になりそうだ。(1)187円(2)冷、温(3)www.otsuya.jp
 おすすめ オクラ、キュウリ、シソなどと一緒に


2位 麻辣麺の素(中村屋) 440ポイント
 ■大人好みのしびれる辛さ トウバンジャンやサンショウのしびれる辛さと香りをきかせた中華風の麺の素。中華まんやインドカレーで知られる中村屋が昨年発売した。運営するレストランのシェフが開発した商品で、たっぷりのひき肉に刻んだタケノコが入り、食べ応えがある。そうめんの水分をしっかり切ってからめるとよりおいしい。
 「サンショウの香りが大人好み。夏野菜をたっぷり添えてもおいしそう」(浅尾貴子さん)、「具だくさんでいろいろな食感があってよい」(徳丸美沙さん)。温泉卵やナッツ、ネギ、レタスなどを合わせても。中華麺やうどんなどほかの麺とも相性がよく、「本格的な中華風味がそうめんには斬新な組み合わせ」(田中嘉織さん)だ。(1)175円(2)常、温(3)0120・370・293
 おすすめ キュウリやトマト、ナッツ類、温泉卵を添えて


3位 ぶっかけ具入りつゆ 豆乳坦々(ヤマキ) 420ポイント
 ■まろやかな辛さ 練りゴマのコクやサンショウのピリッとした辛さといった担々麺特有のおいしさを生かしつつ、鍋つゆでも人気の豆乳を加えて、まろやかでさっぱりした後味にした。そうめん専用に開発したつゆ。
 白髪ネギのほか、豚肉の冷しゃぶなどを合わせれば夕食の1品にも。「辛さがシンプルな麺にあう。食が進む」(安藤剛久さん)(1)175円(2)冷(3)0120・552・226(平日)
 おすすめ チンゲンサイ、豆腐、ゆで卵などをのせて


4位 サラダめん イタリアンつゆ(カゴメ) 390ポイント
 ■完熟トマトの酸味 6種類の魚介を使った特製ダシをベースにざく切りにした完熟トマトを1パックに3個分加えた。「酸味がよく合う」(島本美由紀さん)。コーヒーフレッシュを加えるのがメーカーお薦めの“ちょい足し”技。(1)174円(2)常、冷(3)0120・401・831
 おすすめ バジル、ツナ、生クリーム、粉チーズなどと


5位 まんぷくそうめんつゆ 焼き肉風しょうゆ(永谷園) 370ポイント
 ■食べ盛りの子どもに 焼き肉のたれを思わせるそうめん専用のつゆ。鶏肉とゴマが入り、「うまみと辛みのバランスがよい」(ソーメン二郎さん)、「大人から子どもまで食べられそう」(草深由有子さん)(1)179円(2)常、冷(3)0120・919・454(平日)
 おすすめ トマト、キュウリ、ノリ、ラー油などと


6位 サラダめん サラダ涼麺つゆ(カゴメ) 350ポイント
 ■野菜たっぷり ズッキーニやパプリカ、すり下ろしタマネギなどが入り、生野菜に換算すると1パックに220グラムの野菜を使っている。「食べ応えがあるがツナなどをトッピングしてもよさそう」(草深さん)(1)175円(2)常、冷


7位 カリー麺の素(中村屋) 315ポイント
 ■スパイスを独自ブレンド つけ汁ではなく、麺にからませるタイプ。複数のスパイスを独自にブレンドしたカリー粉はその香りと味わい深さが舌を刺激する。「甘さと辛さが細い麺とちょうど合う感じ」(徳丸さん)(1)193円(2)常、温


8位 まんぷくそうめんつゆ こく旨カレー(永谷園)
 かつおだしベースのカレーに鶏肉とタマネギを入れた。「スパイシーな香りと甘み、うまみ、ほのかな酸味でバランスがよい。麺とのからみもいい」(サリーさん)(1)178円(2)常、冷


9位 そうめんdeパスタ えびトマトクリーム(キッコーマン)
 トマトクリームをベースにしたそうめん専用のつゆはコクはあるが後味はさっぱり。「家庭では出しにくい味。トマトやエビ、アボカド、生ウニをトッピングしてもよさそう」(浅尾さん)(1)185円(2)冷(3)0120・120・358(平日)


10位 かけうま麺用ソース 梅しそ麺の素(丸美屋食品工業)
 ほぐした鶏肉、梅、カツオ節やシソなどをとろみのあるあんでまとめた。「そうめんにからませやすい」(滝村雅晴さん)。水菜やトマトを添えればサラダ感覚で食べられる。そばにも合う。(1)190円(2)冷、常、温(3)0120・038・258(平日)


 表の見方 数字は選者の評価を点数にした。商品名、メーカー名。(1)日経POS情報の7月21~27日の平均価格(消費税抜き)(2)食べる時の適温(3)インターネット通販URLまたは連絡先電話番号(年末年始など休みあり。記事中のリンクは掲載時のものです)。トッピングおすすめ例はメーカーや選者に聞いた。目安容量は3位が2人用、その他は2~3人用。写真は島本美由紀さんが生野菜などを足して盛り付けた。パッケージ写真は各社提供

エンタメ!新着記事