エンタメ!

何でもランキング

名建築を楽しめる温泉宿 東西ベスト10

2014/1/5

 忙しさや雑事から離れ、ゆったりしたひとときを満喫できる温泉宿。泉質や宿のサービスなど宿の選び方はいろいろだが、今回は名建築を楽しめる宿を専門家に聞いた。国の重要文化財や登録有形文化財、日本を代表する建築家が手掛けた宿がずらりと並んだ。

<東日本>

1位 富士屋ホテル(神奈川県箱根町) 565ポイント
 ■明治の和洋折衷 明治時代をしのばせる和洋折衷の建築。外国人向けのリゾートホテルとして1878年に創業した。本館は和風建築の代表的な装飾である唐破風(からはふ)屋根の柔らかな曲線が美しい。当時の洋館に多かったよろい戸付きの上下窓がある西洋館、校倉造りの外壁の花御殿、食堂棟などの建物が国の登録有形文化財に指定されている。
 メーンダイニング「ザ・フジヤ」では頭上に注目したい。日光東照宮本殿をモデルにした5メートル超の格天井には高山植物や鳥などが描かれ、欄間の彫刻や装飾は荘厳さを感じさせる。館内ツアーが毎日あり、宿泊客の3分の2が参加するという。「喫茶だけでも建物を体感したい」(富本一幸さん)、「夕食時にダイニングから見えるライトに照らされた花御殿は一見の価値あり」(山崎まゆみさん)(1)宮ノ下温泉(2)0460・82・2211(3)花御殿2万8500円~


2位 長寿館(群馬県みなかみ町) 560ポイント
 ■湯殿にアーチ窓 山あいにある秘湯の一軒宿。明治初期に建てられた本館や、混浴大浴場「法師乃湯」、別館が国の登録有形文化財だ。
 「法師乃湯」は杉皮ぶき屋根の木造平屋建ての湯殿で歴史を感じさせる。英国人鉄道技師の意見によるというアーチ型の窓から湯へ光が降り注ぐさまは幻想的。のちに補強した杉の丸太の梁(はり)も迫力がある。「本館の梁が出ている客室と浴室が見どころ」(郡司勇さん)(1)法師温泉(2)0278・66・0005(2)別館1万5750円


3位 三養荘(静岡県伊豆の国市) 490ポイント
 ■庭園に離れが点在 離れ形式の数寄屋造りの34室が、東京ドーム3個分(14万平方メートル弱)の広大な敷地の中に点在する。旧三菱財閥の創始者一族の別邸だった本館と、戦後を代表する建築家・村野藤吾氏が晩年に設計した新館がある。選者の多くが薦めるのは新館。広い玄関に風で揺れ動く照明が配置され余裕のある空間を演出する。それぞれの部屋には坪庭がある。「照明や装飾など隅々まで行き届いた技が光る」(藤森照信さん)。(1)伊豆長岡温泉(2)055・947・1111(3)新館5万円~


4位 歴史の宿金具屋(長野県山ノ内町) 480ポイント
 ■館内に飾り屋根 昭和初期にいろいろな建築様式を取り入れた。「斉月楼」と折り上げ天井が素晴らしい大広間は国の登録有形文化財。「館内に飾り屋根がある独特の建物で不思議」(西村りえさん)(1)渋温泉(2)0269・33・3131(3)1万9950円~


5位 向瀧(福島県会津若松市) 320ポイント
 ■雪の庭に灯火 温泉保養所だったが明治初期に旅館に。山の斜面に広がる日本庭園を囲むような木造3階建ての客室は国の登録文化財。冬、庭にろうそくをともす「雪見ろうそくは幻想的」(山田祐子さん)。(1)会津東山温泉(2)0242・27・7501(3)1万9950円


6位 龍言(新潟県南魚沼市)
 豪農などの民家を移築しており太い柱や梁が迫力(1)六日町温泉(2)025・772・3470(3)2万6250円
7位 よろづや(長野県山ノ内町)
 松籟荘と桃山風呂が国の登録文化財(1)湯田中温泉(2)0269・33・2111(3)松籟荘2万6800円~
8位 新井旅館(静岡県伊豆市)
 文人や画家が愛用。天平風呂が国の登録文化財(1)修善寺温泉(2)0558・72・2007(3)3万1500円
9位 萬翠楼福住(神奈川県箱根町)
 国の重要文化財に泊まれる温泉宿(1)箱根湯本温泉(2)0120・29・2301(3)明治棟2万1000円~
10位 大観荘(静岡県熱海市)
 平田雅哉氏による本館の大観の間と松風の間は見学も可(1)熱海温泉(2)0557・81・8137(3)2万5620円

エンタメ!新着記事