エンタメ!

何でもランキング

カフェも楽しめる美術館 東西ベスト10

2013/4/28

 美術館や博物館のカフェやレストランが充実してきている。美術館などに詳しい専門家にお薦めのカフェを選んでもらった。

<東日本>

1位 原美術館 693ポイント
 芝生に広がる中庭、静かな時 東京・品川にある原美術館は1938年に竣工した実業家原邦造の私邸を改装した美術館。「カフェ ダール」は芝生が広がる中庭に面しており、都会の騒々しさから隔絶された静かな時間を楽しめる。入館料が無料になる年会員となって近隣からランチのためにやって来る人もいる。
 展覧会ごとに作品から色や形にヒントを得て作る「イメージケーキ」や、ランチセットなどをゆったりととることができる。土日、祝日のみの「ガーデンバスケット」(2人用、個数限定)にはワインもついており、わざわざ早起きしてくるファンも多い。「美術館カフェの草分け。建物との一体感もある」(中村剛士さん)(1)11~17時(水曜は祝日除き20時まで)(2)月曜日、展示入れ替え期間、年末年始(3)1000円▼現代美術の企画展が主体。(電)03・3445・0651


2位 国立新美術館 627ポイント
 味、空間ともに圧倒 東京・六本木にある美術館。夜はガラス越しの夜景が美しく、「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」は本格的なフランス料理が楽しめる。「味、空間ともに他を圧倒」(井門隆夫さん)(1)11~21時、金曜日22時まで(2)火曜日(3)不要▼多彩な展覧会など。(電)03・5770・8161


3位 根津美術館 506ポイント
 ガラス張り、森林浴楽しむ 広い庭園に位置する「NEZUCAFÉ」は三方がガラス張りで、東京・表参道にありながら森林浴気分に浸れる。神戸牛の「ミートパイ」が人気。「自然を眺めながら飲むコーヒーは格別」(中村さん)(1)10~17時(2)月曜日、美術館休館日(3)1000円~▼日本・東洋の絵画、陶磁など。(電)03・3400・2536


4位 三菱一号館美術館 462ポイント
 創建当時の銀行営業室復元 1894年の三菱一号館創建当時の銀行営業室を東京・丸の内に復元した「Café 1894」。「バーとしても利用できる」(島田昭彦さん)(1)11~23時(祝日除く金曜日は翌2時まで)(2)1月1日(3)不要▼19世紀の西洋絵画展が多い。(電)03・3212・7156


5位 神奈川県立近代美術館葉山 385ポイント
 シーフードカレーが美味 一色海岸を望む葉山町にある。「レストラン オランジュ・ブルー」は地元産の野菜や魚介類を使ったシーフードカレーがおいしい。(1)10~17時(2)月曜(祝日の場合営業)と年末年始(3)不要▼岸田劉生など日本近現代美術を所蔵(電)046・875・0919


6位 まつだい「農舞台」「越後まつだい里山食堂」(新潟県十日町市)
 土日祝は地元産の野菜を使ったビュッフェを開催(電)025・595・6180
7位 十和田市現代美術館「アペ ロッサ」(青森県)
 赤い床に描かれた花模様が美しく、作品の中に溶け込んだ気分に(電)0176・25・3621
8位 ポーラ美術館「アレイ」(神奈川県箱根町)
 企画展に合わせたフランス料理をコースで楽しめる(電)0460・84・2111
9位 クレマチスの丘「リストランテ プリマヴェーラ」(静岡県長泉町)
 地元の野菜や魚を使ったイタリア料理(電)055・989・8788
10位 山種美術館「Cafe椿」(東京・広尾)
 展覧会に合わせた和菓子は老舗菓匠「菊家」と共同でつくる(電)090・5202・7887

エンタメ!新着記事