ライフコラム

japonism

ふろしきを「今」に再発掘 伝統をイノベーション

2017/5/15

 日本の伝統的な「装い」を現代の視点で再生する――。そんな試みを紹介する「japonism 伝統×innovation」。第1回のテーマは「ふろしき」です。かつては和装の女性が手に携えた姿をイメージさせるような典型的な和雑貨でしたが、大胆なデザインと鮮やかな色彩で、男女をこえた新たなファッションアイテムとして注目されています。

 山田繊維(京都市)は2005年に東京・神宮前に専門店「むす美」を出店、クリエーターとのコラボレーションを重ねるなどして、ふろしきの新しいかたちを追求してきた専業メーカー。17年4月には地元、京都の中心部に2号店を開店させました。1枚の四角い布を結ぶことから広がる、ふろしきの可能性に挑む「むす美」の取り組みを紹介します。

ライフコラム