グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

食を旅する

湘南の生しらす、解禁 首都圏から日帰りで春の味

2017/3/21

 春の味、しらす。3月11日(土)には、首都圏のしらす主産地である湘南のしらす漁が解禁、年内いっぱい、生のしらすが食べられるようになった。

 しらすという呼び名は魚の名前ではない。透明な、様々な魚の稚魚を総称してしらすと呼ぶ。一般に食べられているのはカタクチイワシの稚魚だ。漁は、主に九州から東北までの太平洋沿岸で行なわれている。

食堂「しらすや」

 さっそく解禁日に、湘南しらすの水揚げ漁港のひとつである鎌倉・腰越漁港を訪ねた。

 この日お世話になったのは勘浜丸。腰越漁港でしらす漁を手がけるとともに、漁港前で「勘浜水産直売所」、ならびに食堂「しらすや」を営む。

 まずは朝、しらす漁の船に便乗させていただく。

 しらす漁は江ノ島からほど近い沿岸で行われている。すぐ近くには大勢のサーファーたちの姿が見える。

機械で網を引き上げる

 ポイントに着くと、しらすの群れを探す。群れを見つけたら、網打ち。漁船で弧を描くように漁網を落として行く。先端部以外は「袖網」と呼ばれる非常に目の粗い網だが、これでしらすを囲い込むことができるのだという。

 網を落としてしばらくは「船びき」といってゆっくり船を走らせて網を引く。すると、網の描いた円は次第にすぼまっていき、細いU字型になる。

 最後に機械で網を引くと、先端についた非常に目の細かい網(袋網)に魚が集まる。

袋網からしらすを取り出す

 袋網を船上に引き上げたら、中身をザルに移す。先に述べたように、しらすは稚魚の総称。カタクチイワシ以外のしらすも網にかかるため、それを丁寧に除外していく。また網の中には海藻やゴミも入ってしまうため、何度も水を替えて洗い、それを取り除く。

 洗ってより分けてを繰り返すうちに、カタクチイワシのしらすだけが選別される。氷を入れて鮮度を保つ。漁港の目と鼻の先という近さでの漁だけでに、鮮度は抜群だ。

水揚げされたしらす

 ただし、解禁初日ということもあり、この日はごく限られた量の水揚げになった。

 漁のピークは例年ゴールデンウイーク前後だという。連休もあり、多くの観光客が生しらすを求めて腰越に集まる。

グルメクラブ新着記事