ヘルスUP

日経Gooday 30+

卵1日1個はウソ?  コレステロールの真実 摂取目標量が撤廃されたワケ

日経Gooday

2016/10/3

(c)George Tsartsianidis -123rf
日経Gooday(グッデイ) カラダにいいこと、毎日プラス

 秋に健康診断を行う企業は多い。結果が気になっている人も多いのでは? 健診のなかでも、コレステロール値は引っかかる人が多い項目だ。今回は、コレステロールについて解説しよう。

■コレステロールの目標量がなくなったワケ

 「食事摂取基準」をご存じだろうか。これは、日本人が健康を維持・増進するために摂取するべき各栄養素やエネルギーの基準量で、厚生労働省により5年ごとに発表される。2010年版では、コレステロールの目標量は、成人男性は1日750mg未満、成人女性は1日600mg未満だった。しかし、2015年版では、コレステロールの摂取基準(目標量)がなくなった。

 「コレステロールは体内で合成できる脂質で、食事で摂取するコレステロールの影響は少ないということが分かってきたのです。摂取目標量を決める科学的根拠が少ないため、最新版の食事摂取基準では、コレステロールの目標量がなくなりました」(女子栄養大学栄養生理学研究室教授の上西一弘氏)

 食事からの影響が少ないというのは、具体的にはどういうことなのだろうか。

 実は、私たちは肝臓で多くのコレステロールを合成している(体重50kgの人で1日当たり600~650mg、※1)。これは、意外に知られていない。コレステロールは、細胞膜や胆汁酸、ホルモン、ビタミンDをつくる材料になる成分で、毎日新たに一定量必要になるため、食事だけに頼らなくていい仕組みになっているのだという。

 「食事でとったコレステロールのうち吸収されるのは、体内でつくられるコレステロールの3分の1~7分の1程度にすぎません。また、コレステロールは食事でとる量が少なければ体内で多く合成され、食事でとる量が多ければ、少なく合成されます。常に一定量が保たれるようになっているため、食事からの影響は少ないのです」(上西氏)

 つまり、「食事摂取基準」からコレステロールの摂取目標量がなくなったのは、健康な人においては、食事中のコレステロールの摂取量と血中コレステロール値の相関を示す、十分な科学的根拠がないことが分かったためだ。

※1 Di Buono M, Jones PJ. Beaumier L, et al. Comparison of deuterium incorporation and mass isotopomer distribution analysis for measurement of human cholesterol biosynthesis. J Lipid Res 2000;41:1516-23.

■今、異常がなくてもとり過ぎに注意したい人も

コレステロールを多く含む食品(mg)
卵黄1個(16g)224
全卵1個(50g)210


フォアグラ1切れ(60g)390
鶏レバー焼きとり2本(60g)222
豚レバー80g200
牛レバー80g192
若鶏手羽肉80g96




うなぎの蒲焼き1串(100g)230
するめいか刺し身1皿(60g)162
子持ちかれい1切れ(110g)132
シシャモ(生干し)3尾(50g)115
大正えび3尾(60g)96
まだこ(ゆで)刺し身1皿(60g)90
すじこ1口大(25g)128
たらこ1/2本(25g)88

『栄養素の通になる』(女子栄養大学出版部)より

 コレステロールを多く含む食品として、もっともよく知られているのは卵だ。鶏卵1個には210mgのコレステロールが含まれていて、確かに多い。かつて、卵は1日1個までと常識のようにいわれてきたため、それを守っている人も多いだろう。

 「体内でコレステロールを合成する量や使われ方には個人差があり、遺伝も影響します。つまり、コレステロールを食事でどれくらいとるべきかは、人によるということ。健康な人はむやみに制限する必要ありません。しかし、既に高コレステロール血症と診断されている人や、親が高コレステロール血症の人は、とり過ぎには注意したほうがいいでしょう」(上西氏)

 日本人間ドック協会の調べによると、高コレステロールは、健診で引っかかる人が非常に多い項目だ。しかも、近年急増している。年代的には、40代、50代は要注意だ。

生活習慣病関連項目の異常頻度

日本人間ドック協会「2014年人間ドックの現況」生活習慣病関連項目の異常頻度より

 そもそも、コレステロールは体内で合成されるため、摂取不足で欠乏症が出ることはない。つまり、コレステロールは本来たくさんとらなくてもいい栄養素だといえる。制限がなくなったからといって、卵をやみくもに、例えば1日に3個も4個もというペースで毎日食べ続けていいかというと、そういうわけでもなさそうだ。

 「卵はコレステロールが多いため、コレステロールの摂取量を制限している人は、卵を食べなければ上限が守りやすくなります。もっとも、卵は血液中のコレステロール値に影響しないという報告もあります。これは、卵黄に含まれるレシチンに、LDL(悪玉)コレステロールを減らして、HDL(善玉)コレステロールを増やす働きがあり、余分なコレステロールが血管に沈着するのを防ぐためと考えられています」(上西氏)

 卵はなにかとやり玉に上げられがちだが、コレステロールが多い食品はなにも卵だけではない。卵は安くて栄養価が高い食品であるという側面もあることは覚えておきたい。

●食事がコレステロール値に与える影響は少ない

●とはいえ、高コレステロール食品のとり過ぎには注意したほうがいい(特に、高コレステロール血症の人や親が高コレステロール血症の人)

●卵は適量摂取を心がける

 これらの点をふまえて、食生活を見直してみてはいかがだろうか。

上西一弘(うえにし かずひろ)さん
女子栄養大学栄養生理学研究室教授
徳島大学大学院栄養学研究科修士課程修了後、雪印乳業生物科学研究所を経て、1991年より同大学に勤務。専門は栄養生理学、特にヒトを対象としたカルシウムの吸収・利用に関する研究など。『日本人の食事摂取基準2015年版』策定ワーキンググループメンバーを務める。

(村山真由美=フリーエディター・ライター)

ヘルスUP新着記事