マネー研究所

  • クリップ

わたしの投資論

株の収入は本業のお笑いの1000倍です(井村俊哉)

 

2014/3/27

 お笑いトリオ「ザ・フライ」の井村俊哉氏は、昨年、株式投資で本業をはるかに上回る利益を上げた。中小企業診断士の資格を持つ異色の芸人の武器は、自分で決めた「常識破りのルール」だった。

 昨年、株式投資で得た利益は1800万円です。含み益も合わせると2000万円を超えます。自分でもびっくりしますが、本業の収入の1000倍近いです(笑)。総資産額は、株価によって変動はありますが3000万円弱ですね。いまは長期保有している現物株が資産の半分ほどで、それを原資に信用取引でデイトレードをしたり、新規株式公開(IPO)の抽選に参加したりしています。

■芸人になりたくて投資家に

  • 井村俊哉(いむら・としや)氏 1984年、茨城県出身。2009年にお笑いトリオ「ザ・フライ」結成。11年にコントのコンテスト「キングオブコント」で準決勝進出。 

 投資歴は今年で10年目になります。僕が投資を始めたのは、芸人になりたかったからです。……といっても分かりませんよね。大学生のころ、お笑い芸人になりたかった僕は「芸人さんってどんな生活をしているんだろう」と思ってインターネットで調べました。すると、とあるサイトに「芸人は急にオーディションや仕事が入るから、アルバイトなんてできない。だからみんな株式投資をして生計を立てている」と書いてあったんですよ。いま思えばそんなわけないんですが、当時は芸人になりたい一心で「少しでも芸人さんに近づけるなら」と思いまして。

 そもそもお金もうけ自体が大好きだったので、抵抗なくスムーズに始められたというのはありますね。高校生の途中までお小遣いがもらえない家だったので、友達と遊びに行っても好きなものがなかなか買えなかったんです。だから自分でお金を稼ごうと思って、小学生のころからゲームの転売に精を出していました。近所のゲームショップの買い取り価格を全部書き出して、それを片手にそれより安く売っている店を見つけたら買って、2、3時間遊んだらすぐ売って……。やっていたことは株と一緒ですね。ゲーム自体よりもそちらの方に興味がありました。

 投資はデイトレから入りました。経済の知識もない状態で始めて、最初はちょっともうかったんですが、その後損切りできずに塩漬けにしてしまって、大損です。100万円ほどで始めたのが、半分以下になってしまいました。

 その後も細々と続けてはいましたが、本格的に再開したのは2011年の初めです。今度の理由は結婚したかったからです。その前年に妻と出会って、真剣に将来を考えたときに、売れない芸人のままではとてもじゃないけど相手の親御さんに「絶対売れるんでお嬢さんを僕にください」とは言えなくて……。芸人もやめたくなかったので、アルバイトなどではなく、株に真剣に取り組んでみようと思いました。勝算はありませんでしたが、ずっと続けていてイロハくらいは分かっているつもりだったので。

  • クリップ

マネー研究所新着記事