マネー研究所

マネートレンド

マンション広告に躍る「ポエム」 建築を包む物語

2014/3/12

 「この聖域は、総てのDESIREを満たす。」(ランドステージ代々木の杜)、「扉の向こうに、完全なる小宇宙が広がっている。」(南青山テラス常盤松フォレスト)――。週末の折り込みチラシや電車の中づり広告には、都心の新築高級マンションを形容する華やかなキャッチコピーが躍る。いささか過剰とも思えるほどに情緒あふれたその文体は「マンションポエム」とも呼ばれ、建設ラッシュに合わせて新たな作品を次々と生み出している。売り手と買い手の思惑が絡み合って生まれた“芸術”、マンションポエムの世界をのぞいてみた。

キャッチコピーが躍るマンションのチラシは見た目も華やか

 マンション広告のキャッチコピーはほとんどの場合、不動産会社が考えているわけではない。広告代理店にイメージを伝えて複数の案を出してもらい、その中から選ぶ。その工程はマニュアル化されたものではなく、伝えるイメージの具体性や最終的にどの案を選ぶかは「担当者次第で大きく変わる」(不動産大手)。

■都心ほど高まる「ポエム度」

 確かにコピーの作風は物件によりさまざまだが、全体的に都心の高級マンションほど「ポエム度」が高い。郊外のファミリー向けの物件が、立地の利便性など実利面を強調する傾向にあるのと対照的だ。そこには、都心ならではの事情があった。

 都市の建築物を被写体にしてきた写真家の大山顕氏は、マンションポエムを「建築を隠す言葉」と表現する。「マンションは規格化が進み、もはや『法律と経済でできている』といっても過言ではない。都心の2億円の物件も郊外の2000万円台の物件も、建物自体にそれほどの差はない」。実際のところ、価格差のかなりの部分を占めるのは土地代だ。マンションポエムは、「家」を「邸宅」に、「森」を「杜」に、「住む」を「住まう」にドレスアップする。高級感で建築を包み込むことで「値段が高いのは土地が高いから」という身も蓋もない理由を曖昧にし、「そこに住めばハイグレードな生活が待っている」という夢を買い手に抱かせる作用を持っている。

 建築がコピーの主役になりにくい理由はもう一つある。マンション広告の表現を規制する、業界の自主ルールの存在だ。景品表示法に基づき、公正取引委員会の認定を受けて定められたもので、広告を出せる時期や表示しなければならない事項を指定する。消費者保護の観点から、実際より優良であると誤認させるおそれのある表示を禁じており、特に「完全」「日本初」「超」「最高級」といった表現は、合理的な根拠がなければ使えない。ある不動産大手は「質の違いを訴えるイメージ戦略のため、どうしても情緒的、抽象的な表現が多くなる」と明かす。

マネー研究所新着記事